トップバリュマスク入荷在庫口コミ速報!個包装や箱の値段・中国製かも調査

トップバリュ マスク 在庫 口コミ 速報 個包装 箱 値段 中国製
スポンサードリンク
Pocket

新型コロナウイルスの発生で、日本国内では各地でマスクが売り切れるなど「マスク不足現象」が深刻となっています。

厚生労働省でも咳や発熱のある方に対してマスクの着用を推奨していますね。

コロナウイルスに限らず、インフルエンザの流行時期・花粉が飛び交う時期と重なる今、それらの予防・咳エチケットのためのマスクが買えないことを不安や心配に感じている方も多いはず。

実際に、マスクがありません。

マスクはどこで買えるの?という声が相次いでいます。

そんな中、トップバリュマスクのマスク買えましたというツイッターでの口コミが気になりました。

トップバリュマスクはどこで買えるのでしょうか。

どこにあるの?在庫の速報も気になりますよね。

ネット上では、中国製マスクについても多くの声が飛び交っており、品質や安全性に疑問を唱える声も聞こえてきます。

中国に端を発したコロナウイルスですから、その中国で生産されたマスクの安全性は大丈夫なのかと不安を感じる人が多いようです

トップバリュのマスクに関しましても、中国製だが安全性は大丈夫なの?という声も聞かれました。

そこで今回は、「トップバリュマスクの在庫口コミ速報!個包装や箱の値段・中国製かも調査」と題しまして、トップバリュマスクの在庫口コミ速報をお届けしたいと思います。

皆様が気になるお値段や、個包装や箱入りタイプはどうなのか、中国製なのかということも掘り下げて、口コミを見ていきましょう。

ぜひ在庫速報をチェックして、トップバリュマスクを手に入れられるよう役立てくださいね。

 

スポンサードリンク

トップバリュマスクの個包装や箱の値段・中国製かも調査

まだまだ品薄なマスク。

トップバリュのマスクは中国製なのか、個包装や箱の値段について調べてみました。

 

個包装や箱の値段について

個包装・箱入りタイプもそろっているようです。

通常ですと普通サイズの本体価格は以下の様になります。

  • 65枚入:(中国製)598円*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マスク
  • 60枚入:(ベトナム製)398円*毎日手軽に使える不織布マスク花粉・ほこり対応
  • 45枚入:(中国製)598円*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マスク
  • 30枚入:(中国製)498円*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マスク

 

中国製かも調査

親方
日本で買えるマスクのほとんどが中国製なんだね。

トップバリュのマスクは中国製だけでなくベトナム製もあります。

流通ルートが複数あるということですね。

中国製のマスクに不信感を持ち、品質や安全性が心配で日本製のマスクを探しまわっている人もいるかと思いますが、日本で販売されているマスクの8割は中国で生産され、トップバリュのマスクに限らず、日本に流通しているマスクのほとんどが中国製ということになります。

コロナウイルスが中国でもまだまだ終息を見せない中、マスクの品薄状況はまだまだ続きそうですが、先日政府の発表では、マスクを国内メーカーに要請し「毎週1億枚以上」供給できる見通しを発表しました。

徐々に状況が改善されていくことに期待が持てますよね。

 

スポンサードリンク

トップバリュマスクの在庫口コミ速報!

入荷しているという声もあります。

マスク不足の中でも、しっかりと買えたという口コミもあるんです。

どこにあるの?いつ行けば買えるの?知りたいですよね。

在庫に関する口コミを見ていきましょう。

 

在庫に関する口コミ

親方
マスクちゃんと買えるんだね。あるところにはあるんだなあ。

親方
箱のマスクが山積みだって。日用品コーナーではなくて薬粧部専用売り場かあ。細かくチェックするといいかもね。

親方
マックスバリュではトップバリュのマスクをこまめに入荷しているんだね。ちょこちょこ足を運んだ方がよさそうだね。

トップバリュのマスクはイオンやマックスバリュー、ミニストップなどで購入できますが、店舗によって在庫が確認でき、入荷している所もちらほらあるようです。

マスクが全くないわけではないんですね。

平日の昼間に手に入れたという声・不定期ですが、ちょこちょこ入荷もしている様子も見られました。

日用品コーナーではなく、薬粧部に並ぶという声もあります。

こうしてみますと、こまめにのぞいてみるのが望ましいようですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

さてトップバリュマスクの口コミをまとめてみましょう。

トップバリュのマスク山積みでしたという驚きの在庫速報もありましたね。

口コミの中には、生産地に不安を感じる声も聞こえましたが、トップバリュマスクにはベトナムや他のメーカーさん同様中国製品があるようです。

持ち運びに便利な個包装タイプも充実しており、最大で65枚入りという箱入り大容量タイプもありました。

普通サイズの本体価格は

  • 65枚入り:(中国製)598円*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マスク
  • 60枚入り:(ベトナム製)398円*毎日手軽に使える不織布マスク花粉・ほこり対応
  • 45枚入り:(中国製)個包装*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マス
  • 30枚入り:(中国製)個包装*498円*ウイルス飛沫2.5花粉不織布マスク。

マスクがなかなか手に入れられない中、お値段も控えめな大容量のマスクの存在はとてもうれしいものです。

トップバリュマスクがありましたとの在庫速報では

  • マルナカ
  • イオン
  • マックスバリュ
  • ミニストップ

と、イオングループでの目撃情報の口コミが多く寄せられていましたので、お近くの各店舗に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

しかし、まだまだ入荷は不定期なようです。

平日の昼間に買えましたとの情報もありましたので、マスクを手に入れるには平日の午前中に行くのが望ましいと思いますよ。

日用品コーナーではなく、薬粧部にありましたよという声もありましたので、店内をくまなくこまめにチェックしたほうがいいかもしれませんね。

町ではまだまだマスクの品薄状態が続いています。

マスク不足による不安からおこる大量買いや転売により状況は悪化していると思われます。社会全体で一日も早く現状回復を願いたいですね。

花粉シーズンが到来する中、多くの皆様が安心してマスクを使用し確実に購入できるようになる日が間近であることを願いたいと思います。

スポンサードリンク