同期のサクラ第1話あらすじネタバレ「バカがつくほど正直なサクラと同期たちの夢追う10年記」

同期のサクラ あらすじ ネタバレ 第1話
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『同期のサクラ』第1話あらすじネタバレ「バカがつくほど正直なサクラと同期たちの夢追う10年記」について書いています。

2019年10月9日スタートの水曜ドラマ「同期のサクラ」。

「過保護のカホコ」制作チームの再結成&豪華なキャストということで、始まる前から非常に期待の高いドラマとしても話題となった本作品ですが、一体どんなドラマなのか早速気になります。

そこで今回は記念すべき第1話のあらすじとは?ネタバレも込みでご紹介していきたいと思います。

ナビゲーター

サクラと同期たちの10年間がいよいよ始まるね!とっても楽しみ♪

 

スポンサードリンク

同期のサクラ第1話あらすじ

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。
知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。
4人の思いは皆一緒だった「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない・・・」
その10年前の2009年、春―。
大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。
通行の邪魔をする若者にも忖度しない。「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて、写真を撮る。
ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。
人事部長・黒川(椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。
式の後、3週間の新人研修の最終課題として配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表され、サクラは班のリーダーに選ばれる。
同じ班になったのは、クールながら場の空気を読む百合、社長を目指す野心家の葵、応援部出身でアツい菊夫、そしてネガティブ思考の蓮太郎。
4人を親睦会に誘ったサクラは志望部署を尋ねられ、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため、どうしても“土木部”に入りたいのだと自分の夢を語る。「花村建設で初めて出会った仲間なので」と5人で記念写真を撮るとさっさと帰ってしまうサクラ。
表情はわかりにくいが熱いような、とらえどころのないマイペースなサクラの性格に4人は戸惑う。
その夜。サクラは故郷の美咲島に住む祖父・柊作(津嘉山正種)に宛てた手紙をFAXしていた。その心の中は出会ったばかりの仲間とこれから始まる仕事に胸が高鳴っている様子で……。
翌日から、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導の下、ビジネスマナーや現場研修など厳しい新人研修を受ける。
皆がクタクタになる中、サクラは空気を読まず最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかける。
しかし、課題に向けた皆の意見はバラバラ。サクラはあるアイデアを出すが……。
夢のためには、決して自分の信念を曲げないサクラの言動は、「組織」を重んじる会社の中で、ウキまくる。
しかし、歩みの遅い亀が、必死に東京のスピードについていこうとするようなその姿は、同期たちの心を変えていく・・・。そんなサクラと同期たちの10年間が始まる。
出典元:『同期のサクラ』公式サイト

ドラマの始まりは病院のベットの上から始まるようですね。

意識の戻らないまま人工呼吸器につながれたサクラ…、ケガで入院なのか、それとも病気で入院したのか気になるところですね~。

物語は2009年春から毎話1年ごと進んでいくストーリーになっているようです。

 

スポンサードリンク

同期のサクラ第1話ネタバレ

放送前なのでまだネタバレすることはできませんが、私の勝手な予想(ネタバレ)を書いてみたいと思います。

いらない人はスルーしてくださいね(;’∀’)

なお、ちゃんとしたネタバレは放送後にしっかり追記させていただきます(笑)

はい!

では早速追記させていただきますね!

 

2019年春

知らせを受けた百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の4人がサクラの元へ駆けつけるが、サクラは一向に目を覚まそうとしない。

このまま目を覚まさないのではないかと不安な様子。

4人のそれぞれの思いは一緒でサクラと過ごしてきた10年間を思い出します。

重い脳挫傷で意識が戻るのは難しいと百合(橋本愛)。

 

10年前の春(2009年)

「ダメよ~隣に聞こえちゃう~」

壁が薄いせいか隣人の声が。

出勤時、隣人と玄関先で会うサクラ。

「すいませんが朝からなさっていることが丸聞こえで、お子さんのいるお宅も困ると思うので、音量を下げていただけると助かります。」

そして、出勤途中・・・歩道を占領している若者には

「すいませんが、通行の邪魔になっているので、横に広がらないでもらえると助かります。」

これが、サクラなんですね(笑)

その後サクラは入社式へ向かうのですが、途中見たこともない都会の建物に興味をひかれ写真を撮りまくり入社式に遅れそうになります。

マイペースですね(^_^;)

入社式での社長祝辞では、社長にこんなことを

「まず、全体的に話が長いと思いました。

一つの文章も長いので、大変いいことをおっしゃっているのにそれが伝わりにくいとも思いました。

三大プロジェクトのベイサイドヒルホテルの客室数は670とおっしゃいましたが760の間違ではないかと思いました。

かんぱつを入れず とおっしゃいましたが、 正確には  かんはつを入れず ではないかと思いました。

以上です。」

サクラの発言に入社式は唖然となりますが、人事部長・黒川(椎名桔平)のフォローで空気が和らぎひとまず入社式はなんとか終わることに…。

 

入社式後の新入社員研修概要を説明するのは、お世話係の火野すみれ(相武紗季)。

研修は三週間。課題は、最後の週5人一組で班になり、【日本の未来に残したいと思う日本の建造物の模型作り】。

最終日に審査が行われる。

この研修で一緒の班になったのが、同期の百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。

B班リーダーサクラの提案で、会社が実際手掛けるプロジェクトであるサクラの故郷に架ける橋の模型を造ることに決定する。

サクラが橋にかける想いとは

サクラが幼い頃、サクラの母は島の診療所では治せない病気にかかった。でもその日は台風で島の定期船が欠航。父が無理やり船を出し、それで二人とも…橋があれば両親が死なずにすんだかもしれない。

 

模型を完成させるも、色がない…島がない…人と車がない…妥協を許さないサクラ、休日も班の同期を振り回し橋の模型をなんとか完成させるが、耐荷重が足りないと言い出す。

そんなサクラに遂にキレる百合。それに同調する、葵、菊夫、蓮太郎の三人。

サクラは「分かりました。」無表情に言い帰っていった。

サクラは故郷のじいちゃんに毎日FAXを送っているが、この夜初めて返信がある。

『サクラが好きだ

だって、お前には

自分にしか 出来ないことがある』

 

審査当日、サクラは来ない。

審査が始まり、社長と黒川、火野がサクラ達の班へ。見事な橋だ、いいコンセプトだ、デザインも素晴らしいと褒められるが、耐荷重もちゃんと考えているんだろうねと黒川の手が橋にかかった瞬間4人の表情が凍り付く。

そこに橋の模型を持ったサクラが登場する。耐荷重を考え一人作り直したのだ。不器用なサクラが一人で完璧な模型をつくるにはどれほどの時間を費やしただろう。サクラの手にはいくつもの絆創膏がまかれていた。

「俺たちも協力すればよかったかな…」そんな声が漏れる。

 

審査の結果、社長賞を受賞したのはF班の商業施設。

サクラはなぜF班の商業施設が社長賞かと尋ねる。

社長は「我が社が未来に残したい建物のイメージが一番良く具現化されてるからだ。」と答えた。

しかしサクラは、「社長が10年前に手掛けて成功したプロジェクトとそっくりで、もしかしたら、あれを造れば社長が喜ぶのではないかという狙いがあったのかもしれない。審査員の方もそれが分かったから社長賞に推したのではないか。」と社長にまっすぐに言い放ったのだ。

審査会場がざわつき、黒川が「自分たちが社長賞をとれなっかったからといちゃもんをつけてもらっちゃ困る」とサクラに駆け寄る。

しかし、サクラが社長賞にふさわしいと思うのはA班の保育園で、独創性・機能性が従来の発想にはない素晴らしいもの、まさに我が社が未来に残すべき建造物だと。

そんなサクラに黒川は、それは個人の意見かリーダーとして班の意見を代表して言ったのかと問いかける。

研修中とはいえ、会社に異を唱えるということは本採用を取り消すこともできるんだよ。と強い口調でB班に目を向ける。

何も答えない4人を見て、サクラは黒川に「あくまで私個人の意見です。」ときっぱりと言ったのです。

 

配属先の発表があり4人はそれぞれ希望の部署へ。

サクラは土木を希望していたが、火野が所属している人事部に配属になった。

 

会社を出たサクラに4人が声をかける。

振り向いたサクラは

「諸君!明日はもっといいものをつくろう。

サグラダファミリアをつくってる時、ガウディが毎日スタッフに言った言葉なんです。」

「私には夢があります!故郷の島に橋を架けることです。」

「私には夢があります!一生信じあえる仲間をつくることです。」

「私には夢があります!その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくることです。

それだけは諦められないので。

私は自分にしかできないことをやります。」

「じゃ、また明日」と背を向け歩き出した。

 

このあとの10年も、自分のやり方を貫いて次々と問題を巻き起こした。

 

ところで同期のサクラは「過保護のカホコ」に似てる?

ところでみなさんは、同期のサクラと「過保護のカホコ」が似ているとは思いませんか?

名前もそうですが、高畑充希さんの変キャラ(?)も似ています。

ツイッターの声を見ても、そう思われている方も多いようです。

確かに脚本が「過保護のカホコ」と同じ遊川和彦さんですからね、似てしまうところもあるんでしょうか。

主題歌まで星野源さんが歌ったらさらに似てしまいますね(笑)

今回は原作のない完全オリジナル作品ですが、キャストや脚本家が一緒だとそう感じてしまうのかもしれませんね。

>>>ロケ地①「花巻建設」の場所を徹底調査

>>>ロケ地②「コロッケ」を売ってる商店街

>>>豪華なキャストや役どころにも注目!

>>>主題歌で「星野源」を期待する理由は何?

>>>「エキストラ」の募集ってしてるのか調べてみた!

>>>漫画の「ひよっこ隊員の訓練日誌」と関係ある!?

>>>高畑充希「ショートウルフ」オーダー&セット方法

 

スポンサードリンク

まとめ

『同期のサクラ』第1話あらすじネタバレ「バカがつくほど正直なサクラと同期たちの夢追う10年記」について自由に書いてきました。

人工呼吸器につながれた状態でのスタートで、その後どうなるのかも超気になりますよね。

その辺は最終回ということになるんでしょうか(;’∀’)

それと、社長の長いスピーチにもハッキリ物申す性格なので少し心配な点もありますよね~。

忖度しないサクラ、第1話もそうですが2話目以降も気になってしまいます(^o^)

以上、『同期のサクラ』第1話あらすじネタバレ「バカがつくほど正直なサクラと同期たちの夢追う10年記」についてお届けしました!

出典元:同期のサクラ公式サイト/公式ツイッター/公式インスタグラム

スポンサードリンク