黄金の私の人生ミン部長の正体は何話?ネタバレ解説していきます

黄金の私の人生 ミン部長 正体 何話 ネタバレ 解説
スポンサードリンク
Pocket

今回は『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話?についてネタバレ解説していきます。

大学を出てヘソングループに入社したミン部長。

ミョンヒが結婚後は執事として仕えていましたが、ミン部長は何か裏がありそうな雰囲気がありましたよね。

執事として仕事バリバリっぽいイメージでしたが、果たして本当は良い人なのか、悪い人なのか?

そんなミン部長でしたが、ストーリーも終盤に近付くにつれ、徐々にその正体が明らかになってきましたね。

最後は思いっきり爆弾発言がありましたけど、それにはある理由があったんです。

そこで今回は、『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話目で明らかになるのか?あらすじ&ネタバレ解説していきます。

30代受付
謎多き女性なだけに、その正体が気になりますね(^^)

>>>黄金の私の人生はつまらない?世間の辛口評価まとめ

 

スポンサードリンク

『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話?ネタバレ解説!

黄金の私の人生 ネタバレ ミン部長 正体 何話

出典:韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

では早速、ミン部長の正体が何話目あたりから明らかになっていくのか、気になるあらすじと、ネタバレも込みでお届けしていきます!

 

【第49話】ミン部長のアボジ(お父さん)が亡くなる

ミョンヒが離婚届を見ている時に、ミン部長が部屋に入ってきて…。

「アボジが亡くなりました。葬儀のため、すぐ行かなくてはいけません」

その言葉を聞いたミョンヒは「あぁ、そうなの。3日間くらい?」とあまり興味がない様子。

すると、バッグから1000万ウォンの小切手を出して、ミン部長に差し出す。

唖然とするミン部長の顔を見て、少ないと思ったのかもう一枚、2000万ウォンをテーブルに置き「埋葬場所はあるのよね?」と、お悔やみの感じが全くない様子でその場を去ってしまう。

ナビゲーター
何か一言くらいあってもいいよね。

 

会長(ノ・ヤンホ)はさらに冷たかった

さらに会長はミン部長にこう言います。

「父親が亡くなったんだってな?お前の口座に香典を振り込んでおいたぞ。ここに何しに来た?」

ナビゲーター
一体どんな思考回路してんだ、このオッサン。

ミン部長は「どうなさってるかと思い、会いに来ました。私は…」と話す。

話す内容などお構いなしに「ソ・ジアンに電話してくれ」と会長。

さらに「ドギョンの怒りを鎮めるためだ、すぐに電話しろ!」といきり立つ。

ミン部長は笑いながら「変わらないですね?会長」と話す。

「何がだ!」とオッサン(いや、会長)

ミン部長は会長の性格を知ってなのか「ヘソンアパレル社長だったあなたの秘書として、お会いしてから35年になります。その時から何も変わっていません」と冷静に話す。

会長は「早く電話しろ!」と…。

ナビゲーター
会長恐いわ(笑)

 

ミン部長の正体

いつもと雰囲気が全く違うミン部長。

ミョンヒの向かい側のソファーに突然座り込む。

その光景にミョンヒは「頭おかしくなったの?何座ってんのよ!」と驚く。

ミン部長はテーブルに辞表を置き、顎で指す。

そして「アボジが亡くなったので、もうあなたのために働く理由がなくなりました」

この言葉に慌てるミョンヒ。

昇給するから考え直すように言いますが、ミン部長はきっぱりと断る。「必要ない!」と。

そして「辞表を出したんだから、好きなように話していいでしょ?あなたは、家の使用人を人として扱ったことがない。私はもう、あなたのために働きたくない。それに私の方が年上なのよ。雇われてもいないのに、なぜあんたに従わないといけないの?ミョンヒや~!」

ナビゲーター
修羅場の予感…

「お金はたくさん持ってるわ。あなたほどじゃないけど…ここで稼いでも、数十年もの間、あなたの家族に仕えてお金を使う時間もなかった!」

これを聞いたミュンヒは、

「や~ミン・ドルレ!よくもそんなことを…正気じゃないの!?」

ナビゲーター
ミン部長って、ン・ドルレっていうんだ…。

いやいや、そんなことよりも続きは

「私…チョ・スノクがウンソクを連れて行った時、全部見てたのよ」とミン部長。

さらに、「あの日、あなたの夫は、突然あなたの尾行を諦めたの。だけど同じ仕事を会長に命じられた。あなたを尾行して誰と会うか見てこいと言った。うんざりだったけど、私の仕事は話した通りにすること…だから尾行した」

「あなたがチョ・スノクとウンソクを見たと思った。だけど通り過ぎてしまった」と。

「ウンソクが連れていかれるのを見たの?なぜ私に言わなかったの?」とミョンヒ。

「あなたは、『私が話したことだけやるように』って話した」

「私はヘソンアパレルの社員、あなたの父親の秘書だった。懸命に働いたのに、家の秘書をやるように言われた。私のオモニの党籍費用の話を持ち出して…。私はお金が必要だった。そしてあなたはいつも同じことを言った。『言ったことをやれ』って…あなたの父親と同じ…。」

これにミュンヒは「それとウンソクの誘拐を無視するのと、何の関係があるの?」とエスカレートしてくる。(あわわ…)

「ノ・ヤンホが、あなたを尾行するようにって私に言ったの!子供の誘拐を報告しろとは言われなかったわよ!」とミン部長。

ミュンヒ:「や~!!ミン・ドルレ!あんた!!」

ミン部長:「何!?私は言われたことをしただけよ!!」

ミュンヒ:「殺してやるーーー!!!!」

ナビゲーター
こうして大乱闘ミョンヒVSミン部長へと発展(;´Д`)

 

乱闘後お互いボロボロに(-_-;)

お互い乱闘後はスッキリしたのか、わだかまりなく話ができるように…(笑)

ミン部長:「上品なノ・ミョンヒが落ちたもんね~罵って暴力ふるって…でも、あぁ~スッキリした」

ミョンヒ:「どうしてウンソクにそんなことできたの?」

ミン部長:「2年後、会社に戻ろうとした時、あなたは私にいてくれって頼んだ。私だって結婚したかったし、人間らしい生活をしたかった。ノ・ヤンホがもう3年ここで働くように言った。拒んだら、ヘソンでの仕事がなくなるぞって言ったわ。もう覚えていないだろうけど。品位の欠片をでも持って、接してくれたらウンソクを見つけられたのに…」

 

誘拐された時の車のナンバー

ミン部長:「25年後に渡すとは思ってなかったわ。メディアは、世紀のロマンスだと報じたけど、あなたがどんな人間か知って、冷たい人間になった」

床に投げ捨てたのは、誘拐された時に車のナンバーを書いたメモでした。

悔しそうなミョンヒ…。

「じゃあね!ノ・ミョンヒー」ミン部長は、お葬式の時に渡された2000万ウォンの小切手を投げて家を出ていきました。

洗面台の鏡の前で自分の姿を見て泣き崩れるミョンヒでした。

以上が、『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話目で明らかになるのか?あらすじ&ネタバレ解説でした♪

ナビゲーター

女同士の戦いをしかと見届けました!

ミン部長!よく今まで耐えてきましたね涙

 

スポンサードリンク

『黄金の私の人生』ミン部長の正体を知ったSNSの反応は?

ミン部長は怖そうな感じでしたが、実は25年間も辛い思いをずっと耐えてきたんですね。

いつも何か隠してるのかな?って思ってましたが、心の中では自分の本当の気持ちを抑え込んでいたんですね(;´・ω・)

実は誰よりも辛い思いをしたミン部長、よくぞミョンヒに言ってやりました!

黄金の私の人生、とっても奥が深いストーリーですね。

そんなミン部長のことを、視聴者の方はどのように見ていたのでしょうか?

ここでは、ミン部長の暴露発言に世間の人はどう思ったのかご紹介します!

>>>黄金の私の人生を無料視聴する3つの方法<<

 

 

ミン部長の行動に共感する人が多い!

>>>気になるキャストとプロフィールまとめ

 

スポンサードリンク

まとめ

『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話?についてネタバレ解説しました!

どこかミステリアスな雰囲気のミン部長でしたが、実は長い間自分の気持ちを押し殺していたんですね。

一時は女同士のバトルに恐怖を覚えましたが、やはり暴露して正しかったのではないかと思いますね♪

かなり昔から心を閉ざしてたミン部長でしたが、最後はスッキリする展開でした!

やっぱり黄金の私の人生は面白い!

以上、『黄金の私の人生』ミン部長の正体は何話?についてネタバレ解説でした♪

>>>黄金の私の人生の主題歌・挿入歌の歌手を紹介

スポンサードリンク