ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ

ニッポンノワール 工藤阿須賀 演技 ひどい うるさい みんなの感想
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ』について書いています。

いよいよニッポンノワール第1話の放送が9月13日(日)からスタートしましたね。

第1話では遊佐清春(賀来賢人)の弟分である名越時生(工藤阿須加)が早くもスーパーファンキーボーイという役どころで登場(笑)

今までの工藤阿須賀さんのイメージはどこへやら(笑)

そんな工藤阿須賀さんですが第1話の放送からその演技が話題となっています(^o^)

そこで今回は『ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ』と題して紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ニッポンノワール工藤阿須賀の役どころは?

工藤阿須賀さんが演じるのは、主人公である遊佐清治の唯一の後輩刑事『名越時生』。

感情豊かで、照れも見栄もない捜査一課のスーパーファンキーボーイという役どころになっています。

合言葉は「パーリーピーポー」通称パリピ(笑)

ドラマでは軽いノリのキャラとして登場しますので、今後もユニークな発言がいくつか出るかもしれませんね(^-^)

ちなみにパーリーピーポー(パリピ)は、party people(パーティーピープル)を略した言葉ですが、10代・20代・30代~など世代によって言葉の意味が全然違うんです。

実は10代~20代(前半)の間では「友達と遊んでいるときや自分が楽しいとき」に使う言葉として定着しているんですが、30代以上が認識している言葉の意味は「チャラチャラしている人」「不真面目な人」といった違いがあるようです。

ドラマ内で出てくる名越は「不真面目なチャラ男」といったところでしょうか(笑)

第1話ではピッタリのイメージでしたが、今後も目が離せないキャラではありますね(^-^)

 

実際はどんな人なの?

あまりにもドラマの印象が強烈だったので、もともとがどんな人だったのか忘れてしまった!?という方のために、実際のプロフィールをご用意しました(笑)

  • 本名:工藤阿須加(くどうあすか)
  • 生年月日:1991年8月1日(28歳)
  • 出生地:埼玉県所沢市
  • 身長:180 cm
  • 血液型:B型

主な出演作品としては

  • 八重の桜
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • あさが来た
  • 家売るオンナ
  • なつぞら
  • アゲイン 28年目の甲子園
  • 夏美のホタル
  • ちょっと今から仕事やめてくる

工藤阿須賀さんの父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康さん、妹はプロゴルファーの工藤遥加さんでも有名ですね。

実は工藤阿須賀さん、運動神経が抜群でテニスのプロを目指すほどの腕前だったんだとか。

なんでも高校生のときに肩を故障してしまいその道を断念することになったそうです。

もし故障していなかったらプロの道に進んでいたのかもしれませんね(^-^)

 

スポンサードリンク

ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ

プロフィールだけでは分からないこともありますので、次は実際の演技がどうだったのか?の感想を見ていきましょう!

個人個人の好みや感性があると思いますが、ドラマを見た方はどのように感じたのでしょうか?

ここで感想や評価を語っている皆様方はドラマを実際に視聴された方々の意見です(笑)

私個人としては今までの爽やか青年も良かったのですが、人によってはいろいろな感想がありますしね。

それでは早速見ていきましょう♪

 

良かった!という意見

 

演技がイマイチ!な意見

 

スポンサードリンク

まとめ

『ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ』について書いてきました。

演技が良かった意見の多くは、今までのイメージとは違う一面に良さを感じた方が多かったですね。

たしかに今までは爽やかな好青年役のイメージが強かったですからね~(ゲイの恋人役もありましたが笑)

また、演技がイマイチというよりは、「うるさい!」という意見が多かったようです。

早口で何言ってるか聞き取れない部分もありましたからね、分かる気がします(;^_^A

とにかく!工藤阿須賀さんのパリピ役には今後も目が離せませんね(笑)

以上『ニッポンノワール工藤阿須賀の演技がひどいうるさい?みんなの感想まとめ』についてでした。

記事出典画像:ニッポンノワール公式サイト/公式ツイッター/公式インスタグラム

スポンサードリンク