ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!

ニッポンノワール 名越時生 犯人 黒幕 工藤阿須加 役どころ 
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!』について書いています。

いよいよニッポンノワール第1話の放送が9月13日(日)からスタートしましたね。

出演者全員が犯人の可能性があるというドラマなだけに今後も目が離せません。

第1話では遊佐清春(賀来賢人)の弟分である名越時生(工藤阿須加)が早速、清春を殺そうとしましたね。

名越時生は犯人黒幕の可能性はあるのか?

そこで今回は『ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!』と題しまして紹介していきたいと思います。

ナビゲーター
第1話のネタバレも少し入っていますので、ドラマをまだ見ていない!という方はするーしてくださいね(^-^)

まだ1話を見ていない方はこちらで見れます♪

 

スポンサードリンク

ニッポンノワール第1話あらすじ「笑えねぇ日々の始まり」

生い茂る木々。風が吹きすさぶ森。その中にある一軒の山小屋。
うっすらと瞼を開けた男、遊佐清春(賀来賢人)。
彼の目に最初に飛び込んできたのは一人の女性刑事:碓氷薫(広末涼子)の亡骸――。
そして、自分の右手には拳銃が握られていた。確実に自分が彼女を殺したこの状況。
しかし、清春はなぜかここ数ヶ月の記憶が綺麗に吹き飛んだようになくなっていた。
「笑えねぇ」
焦りや焦燥よりも、苛立ちが先にきた。
自分に薫を殺す理由も道理もない。だが、記憶を失った以上その可能性は拭いきれない。
俺が殺したのか……、それとも何者かにハメられたのか……。
清春はこのままだと自分が疑われるに違いない証拠の数々を綺麗に消し山小屋を後にする。
だがすぐに警察からのお呼びがかかる清春。殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」として先ほどまでいたあの山小屋へ向かうこととなる。
薫が死亡したのは2日前。その間無断欠勤をしていた清春は、「警視庁のガン」とも称される前評判も相まって薫殺害の疑いの目を捜査員一同から向けられることに。
そんな中、清春は捜査一課長の南武(北村一輝)から薫の一人息子:碓氷克喜(田野井健)の世話をするように言われる。この出会いが、大きな運命の始まりとは未だ知らず……。
そして、薫殺害事件の捜査はやがて薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と
繋がりを持っていくこととなる。既に解決済みとされていたこの「十億円強奪事件」には、実は警察関係者が犯行に関与していた疑いがあり、その捜査中に薫は命を失ったのだという……。キナ臭すぎる二つの事件。もしも罪を犯した警察関係者の人間が薫を殺害したのだとしたら……。
この瞬間、清春も含め、すべての人間が今回の事件の容疑者となる―――。

薫殺害の犯人は誰か―――。
なぜ、薫は殺されてしまったのか―――。
薫が追いかけた「十億円強奪事件」との関連は―――。
9歳の息子:克喜が握る母の死の真相の鍵とは―――。
そして、清春の記憶喪失の原因は―――。

疑いが加速し、裏切りが止まらない、アンストッパブル・ミステリー…ここに開幕。
類い希なるキャラクターの数々。次々に動き、化かし続ける謎の連鎖。
一度見たら、誰かと話さずにはいられない。異色異端の「刑事ドラマ」、始まる。

出典元:『ニッポンノワール』公式サイト

 

スポンサードリンク

ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!

名越時生は碓氷班の係長である薫(広末涼子)に好意を寄せていましたね。

碓氷薫(うすいかおる)が殺害されてしまって悲しみに暮れていましたが、清春が殺した可能性があることを知ると復讐しようとしますね。

忘れてしまった!という方もいるかもしれませんので、まずはそのシーンから少し振り返ってみましょう。

 

清春を殺そうと後を追ってきた名越時生

薫が死んでしまったことで、一人身寄りのない薫の息子克喜を預かれないかと頼まれる清春。

克喜は母が死んだ場所を見てみたいと清春に頼みましたね。

清春は薫が死んだ場所に克喜と2人で訪れますが、突然何者かが発砲してきます。

発砲してきた男の正体はなんと清春の弟分である「名越時生」。

名越は清春が薫を殺した犯人だと思い2人の後をつけていたんです。

 

名越時生が犯人の可能性は?

清春は発砲してきた男が名越であるとすでに気付いていましたね。

その理由は、捜査一課の部屋に事前に仕掛けた隠しカメラの存在。

清春は警察内の何ものかが事件に関係あると睨んで、事前に喜志正臣(元ベルムズ)に隠しカメラ設置を依頼していたんです。

そのカメラに映っていたのが名越。

班長の部屋にあったタバコの吸い殻(清春のもの)を名越が持ち去っていたんです。

薫の事を愛していたと話す名越。

清春を犯人だと思った理由は、警視庁捜査一課理事官の本城諭に清春が犯人であると言われたことにあります。

清春「なんで俺だと思った?」

名越「本城理事官から聞いたんだよ!」

実は名越、碓氷薫が殺された決定的な証拠は”清春が部屋に隠し持っている”と聞いていたんです。

ということはですよ、名越は犯人黒幕の可能性はないことになります。

警視庁捜査一課理事官の本城諭、なんだかこの人物が怪しくなってきましたね。

 

名越時生(工藤阿須賀)の役どころは?

工藤阿須賀さんが演じるのは、主人公である遊佐清治の唯一の後輩刑事。

感情豊かで、照れも見栄もない捜査一課のスーパーファンキーボーイという役どころになっています。

合言葉は「パーリーピーポー」通称パリピ(笑)

ドラマでは軽いノリのキャラとして登場しますので、今後もユニークな発言がいくつか出るかもしれませんね(^-^)

ちなみにパーリーピーポー(パリピ)は、party people(パーティーピープル)を略した言葉ですが、10代・20代・30代~など世代によって言葉の意味が全然違うんです。

実は10代~20代(前半)の間では「友達と遊んでいるときや自分が楽しいとき」に使う言葉として定着しているんですが、30代以上が認識している言葉の意味は「チャラチャラしている人」「不真面目な人」といった違いがあるようです。

ドラマ内で出てくる名越は「不真面目なチャラ男」といったところでしょうか(笑)

第1話ではピッタリのイメージでしたが、今後も目が離せないキャラではありますね(^-^)

 

パリピ名越にSNSの反応は?

 

スポンサードリンク

まとめ

『ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!』について書いてきました。

ファンキーな名越時生は清春を殺そうとしていましたが、実は本城理事官からそそのかされていたんですね。

名越の犯人黒幕の可能性はこれで消えましたが、今度は本城理事官が怪しくなってきました。

清春を陥れたの人物は本城なのか?次回も楽しみですね(^-^)

以上、『ニッポンノワール名越時生が犯人黒幕?工藤阿須加の役どころを紹介!』についてお届けしました。

記事出典画像:ニッポンノワール公式サイト/公式ツイッター/公式インスタグラム

スポンサードリンク