レターパック増税2019値上げ額&不足分の対応も紹介!切手は必要?

レターパック 増税 2019 値上げ 不足分 対応 切手
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『レターパック増税2019値上げ額&不足分の対応も紹介!切手は必要?』について書いています。

2019年10月からの消費増税で郵便料金が値上がりされることが発表されました。

そうなってくると心配なのが、今まで使っていたレターパックはどうなってしまうのか、使えないのか?ということですよね。

また、新料金がいくらに値上がりするのかも気になります。

そこで今回は『レターパック増税2019値上げ額&不足分の対応も紹介!切手は必要?』と題しまして詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

『切手増税2019』料金はいくら値上げになるの?

切手 増税 いくら 値上げ 2019 料金 ハガキ 封筒 変更 交換

新しい郵便料金については2019年10月1日(火)から適用されます。

そのため2019年9月30日(月)までに出した郵便物であれば増税前の料金で送れるということになります。

そこでまず、郵便料金の値上げ額がいくらに変更になるのか見ていきましょう。

 

郵便料金の値上げ額(主な郵便料金)

切手 増税 いくら 値上げ 2019 料金 ハガキ 封筒 変更 交換

※「規格内」は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内です。

 

手紙(定形郵便物)

手紙は定形郵便物になりますので、25g以下の場合は現在の82円→84円の2円値上がりになります。

また、50g以内も92円→94円の値上がりとなっていますが、それ以上~100g以内でしたら料金の変更はないようです。

ただ、100gを超えると値上げの対象となりますので、ご注意を。

少しややこしいですが、通常出される規格の封筒でしたら2円増税、それ以上の規格は郵便局で確認の上で切って購入、と考えておいたほうがいいかもしれませんね。

ちなみにですが、手紙の値上げは2014年4月の消費増税以来5年半ぶりの増税となります。

 

通常はがき

通常はがきの料金は現在の62円から63円の1円値上げになります。

こちらは2年前に52円から62円に値上げして以来の料金アップになります。

値上げ幅が一気に上がってさらにまた増税ですからね、この影響で年賀はがきの需要がさらに減ってしまうのかもしれませんね。

 

速達やレターパックは?

切手 増税 いくら 値上げ 2019 料金 ハガキ 封筒 変更 交換

速達は重量が250g以内のものは280円→290円の10円値上がり。

レターパックのそれぞれ10円の値上がりとなっていますので、ヤフオク、メルカリなどで取引している方は注意が必要です。

 

レターパックの料金不足分は?

レターパックプラス、レターパックライトはどちらも10円ずつの値上がりです。

そのため手元にあるレターパックを使う場合は10円切手を貼って出す必要があります。

何枚か手元にある場合は枚数分の切手をあらかじめ貼っておくといいでしょう。

 

スポンサードリンク

『切手増税2019』交換やハガキ・封筒の変更点は?

増税により郵便料金が変更になりますと、今みなさんのお手元にある切手やハガキでは金額が不足することになります。

そうなってくると「郵便局で切手やハガキに交換してもらおう」と思いますよね。

年賀はがきなど書き損じてしまった場合に交換された方も多かったかと思います。

実際に増税後も切手やハガキを交換してもらうことは可能ですが、手数料はどのように変わってくるのでしょうか?

また、不足分の金額はどう対応するのが賢い方法なのか?

ここではこの2点について見ていきたいと思います。

 

交換手数料はどう変わる?

交換手数料自体は増税後も変更はなく、1枚につき5円で交換することができます。

ただ、ツイートにもありますように来年の年賀ハガキとの交換は行っていないようです。

あくまでも普通の切手やハガキだけの交換・手数料として考えておいた方がいいでしょう。

 

不足分の金額はどう対応するのが賢い方法なの?

交換することで5円の手数料が掛かってしまいますが、ここで少し知っておきたいことがあります。

それは新料額との差額も払うということ。

例えば、すでに持ってる62円ハガキを新料金の63円に変換することは可能です。

ただ!新料額との差額(1円)と、変換のための手数料(5円)を支払うことになるので、はがき1枚につき6円かかります。

同じ要領で、82円切手を84円切手に交換する場合も、差額と手数料を合わせて7円かかります。

要するに手数料だけではなく「差額分もプラスされますよ」ということになります。

そのため、1円・2円切手を貼って送るのが賢い方法になってきますね。

1枚ならともかく複数枚では「割高」になってしまうので、少し手間かもしれませんが、1円・2円切手を買って送るのが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

『切手増税2019』レターパック増税に世間の反応は?

 

スポンサードリンク

まとめ

『レターパック増税2019値上げ額&不足分の対応も紹介!切手は必要?』について書いてきました。

増税で郵便局も値上げになりますので、2019年10月前に購入したレターパックは必ず10円分の切手を貼って送るようにしましょう。

まとめ買いをして在庫を持っているみなさんは特にご注意ください(^-^)

また、ハガキは63円・定型郵便(25g未満)は84円 など郵便料金が変わるので、投函前に確認することも大事ですね。

以上、『切手増税2019料金いくら値上げ?交換やハガキ・封筒の変更点も紹介』についてお届けしました。

画像出典元:日本郵政グループ

スポンサードリンク