小松原庸子の夫(画家)顔写真は?兄や息子の現在&フラメンコを選んだ理由|徹子の部屋

小松原庸子 夫 画家 顔写真 兄 息子 フラメンコ 徹子の部屋
スポンサードリンク
Pocket

2月21日(金)放送の徹子の部屋で、スペイン舞踊家の小松原庸子さんが出演されます。

小松原庸子さんといえば、長年にわたり日本のフラメンコ界をリードしてきた第一人者。

これまでスペイン舞踊やフラメンコを日本に紹介し、その公演数は320ステージを超え、のべ50万もの人が鑑賞されているほどです。

しかも、88歳になる小松原庸子さんは、今もなお現役のフラメンコダンサーとして活躍されているんですから驚きですよね!

今でもこそ大活躍されている小松原庸子さんですが、画家であった旦那(夫)さんとフラメンコを選ぶかどうか悩まれた時期もあったんだとか。

一体どんなエピソードがあったのか?旦那さんの顔写真も少し気になります。

また、小松原庸子さんの兄や息子の現在も気になりますよね。

そこで今回は「小松原庸子の夫(画家)顔写真は?兄や息子の現在&フラメンコを選んだ理由|徹子の部屋」と題しましてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

小松原庸子の夫(画家)顔写真は?フラメンコを選んだ理由も紹介

小松原庸子さんは、1931年(昭和6)に東京都台東区柳橋に生まれ、両親は三味線を弾く邦楽家だったといいます。

小さい頃から三味線屋日本舞踊を習っていた小松原庸子さんは、19歳で劇団「俳優座」に入団し舞台女優として活躍。

ちょうどこの頃、画家の彼末宏(かのすえ ひろし)さんと結婚されています。

 

小松原庸子の夫(画家)はどんな人?顔写真はある?

小松原庸子 夫 画家 顔写真 兄 息子 フラメンコ 徹子の部屋

出典元:http://kuranonaka.web.fc2.com/

小松原庸子の夫(画家)である彼末宏さんの顔写真こそはありませんでしたが、職業が画家であることから「自画像」は残されていました。

彼末宏さんは昭和2年8月に東京に生まれ、小さい頃から美術が好きだったそうです。

初期の頃はサーカスの芸人たちを題材に「シャガール」や「クレー」を思わせる明るい色を多用した絵画で多くの賞を受賞し、70年代には画風を一変させ、黒を用いながらも不思議な透明感のある幻想的な作品に手掛けるようになっていきます。

昭和44年東京芸術大学の助教授となり、同大の教授となった彼末宏さんですが、平成3年10月27日にこの世を去られています。

 

小松原庸子がフラメンコを選んだ理由

彼末宏さんと結婚した小松原庸子さんでしたが、ピラール・ロペスというスペインのトップダンサーの日本公演を見て衝撃が走ります。

幼いころから邦楽家、舞台女優として活動されていた小松原庸子さんにとって、このトップダンサーとの出会いからフラメンコの道を志す事を決めます。

その後、31歳の若さで単身スペインに留学。

当時、夫からはフラメンコと自分のどちらを選ぶのか迫られたといいます。

彼末宏さんは後に素晴らしい画家になりますが、若い頃は貧しい絵描きでしたので生活面でも金銭面でも話し合いはされていたのかと思います。

貧しい絵描きとして一緒に過ごしていた時も、小松原庸子さんはストリッパーをしてでも生活を共にしたいと思われていたんだとか。。

最終的にはフラメンコの世界へと踏み出した小松原庸子さんでしたが、一緒にいたい人と離れてでもフラメンコの夢は諦めきれなかったんですね。

 

スポンサードリンク

小松原庸子の兄や息子の現在は?

気になる息子さんの現在は、はっきりと素性こそは明らかにされていませんが、小松原庸子さんのお仕事を手伝ってらっしゃるんだとか。。

実は、離れ離れになった夫・彼末宏さんも生前は小松原庸子さんを裏方で支えていたといいます。

お互い離れて暮らしていても、もはや男女を超えて尊敬し合う仲だったんですね。

 

小松原庸子の兄は俳優「菅原謙次」だった

なんと、小松原庸子のお兄さんは昭和の二枚目俳優として映画、テレビ、舞台で活躍されていた菅原謙次(すがわら けんじ)さん。

本名は小松原重政で、小松原庸子さんとは実の兄妹だったんですね!

1日100本の煙草を吸うほどのヘビースモーカーであったという菅原謙次さんでしたが、1999年12月に急性肺炎のため死去されています。

出演作品は数多く、今でも「菅原謙次はやっぱり好きだなー」「菅原謙次さんが出演された映画で好き」「菅原謙次さん演技が上手い」といったファンも多いです(^^)

 

スポンサードリンク

小松原庸子まとめ|徹子の部屋

 

この投稿をInstagramで見る

 

「全日本フラメンココンクール」 Calificacion!!! oleeeee!!! muuuuuchisimas gracias a Takashi Suzuki san !!! Francisco Fuente Chavez !!! Antonio Villar !!! me lo pase genial! vamos a final !!! 予選突破しました!!! スペイン・日本外交150周年を記念して 全日本フラメンココンクール事務局とセルバンテス文化センターとで共催されているこのコンクール! 相方は既に関西で仕事が入っていた為 今回ギターをお願いしたのが鈴木尚さん! 数年前にご一緒したライブの際のギターとお人柄に惚れ惚れした事を思い出してオファーさせて頂きました。 頼り甲斐と、優しく的確なアドバイスが心の支えとなりました。 そしてカンテはパコ・エル・プラテアオ。 長い付き合いの中、私からオファーするのは実は初めてだったと事に気付き我ながらびっくり! 茶目っ気と真摯なアドバイス! こちらも頼り甲斐が凄かった! 合間になん度もなん度も歌ってくれました! そしてそして当日の本番数時間前に😂 (他の皆さんパルマもちゃんとオファーされていたのに私はしていなかった為、あわててお願いしたのであります😂😂😂) 急遽パルマをお願いしたのは現在ガルロチに出演中の偉大な歌い手、アントニオ・ビジャール! 彼とはマンサニージャさんを通じてかなり前に知り合いましたが、今回の彼は更に深く大きく優しい空気で支えてくれました。 楽屋でのドタバタ合わせも対応が素晴らしかった! 来週は本選! ギターの鈴木さん、カンテのプラテアオは既に別のお仕事が入っていた為(宇根君も😂) 本選メンバーは カンテ アントニオ、ルイス ギター ジョニ のガルロチメンバーで燃えます。 頑張りまくります!!! 前夜は緊張のあまり夜中3時まで寝れず 挙句の果てには占いなんて見だしていた私😂 予選は5分。 たった5分なのに今まで生きてきたあらゆるエッセンスと思い、そしてその瞬間の精神性が込められているんだなと毎回思います。 本選は7分! 今から構成を練り直さなきゃ👍 楽屋も雰囲気よくて笑いっぱなし 関係者の皆様引き続きお世話になります、宜しくお願い致します。 結果発表の後はあわててシャワーを浴び 再度ガルロチへ。 たかよちゃんとご一緒でき、 大切で、穏やかながらエネルギー溢れる会話ができて幸せでした。 お肉ご馳走になっちゃった! 有難うね〜❤️❤️❤️❤️ そして先程夜行バスで京都到着。 今洗濯しながらご飯炊いています。 相方は出張中。 11時からのレッスンにはちゃんと間に合うのでエセンシアの皆さまご安心を😂😂😂👍✨ #フラメンコ #フラメンコギター #フラメンココンクール #コンクール #セルバンテス文化センター #小松原庸子 #スペイン #カンテ #宇根由佳 #スタジオエセンシア #アレグリアス

Yuka Une(@yuka.une)がシェアした投稿 –

今回は「小松原庸子の夫(画家)顔写真は?兄や息子の現在&フラメンコを選んだ理由|徹子の部屋」と題しましてご紹介してきました。

画家である夫の彼末宏さんの顔写真はありませんでしたが、残っていた自画像を見る限り、とてもハンサムな方だったのではないでしょうか。

離れ離れになった後も裏方で協力してくれていた夫と息子の存在、そして小松原庸子さんがフラメンゴを選んだ理由、なんだか感動して涙が出てきちゃいますね。

また、お兄さんは俳優としてドラマや映画・舞台で活躍されていた菅原謙次さんだったのは驚きです。(そしてハンサム)

現在も活躍されている小松原庸子さんの今後に注目ですね(^^)

スポンサードリンク