キングダム642話ネタバレ確定最新考察!信が将軍となり新章が始まる!?

キングダム 642話 ネタバレ 確定 最新 考察
スポンサードリンク
Pocket

前回から3週間の休載を経て、やっと2020年6月4日(木)キングダム最新話642話が発売されます!

前話では、ついに信が「李」の姓を手に入れましたね。

ここからは新章として「信が将軍になるまで」という新しい話が始まる予感がしてきます。

信が李信となり将軍を目指すとなると、やはり信のモデルは歴史上に実在した李信将軍なのかが気になります。

もし、李信将軍がモデルなら今後の展開もやはり史実に基づいたものになるのでしょうか?

その道を辿るとなると、信のこれからを予想するうえでも、歴史上の李信将軍の最後がどうだったのかも気になってきますよね。

という事で今回は「キングダム642話ネタバレ確定最新考察!信が将軍となり新章が始まる!?」をテーマにキングダム最新話642話のネタバレ予想と考察をしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

キングダム642話ネタバレ最新考察!

「李」の姓をもらい受け、ついに李信となり将軍になるまでのストーリーが幕を開けましたね。

そこから3週間の休載を経て”今後は将軍への道”としての新章が始まるのでしょうか?

では、早速「キングダム642話」のネタバレ考察をしていきたいと思います。

 

信は将軍になれるのか?

これまで、将軍になるには功績が必要だと、必死に首を取りまくった信でしたが、結果将軍になれなかった。

という事がありましたから、今回もすんなり将軍になれるわけではなさそうですよね。。。

これからさらに功績を上げるために、大戦が始まってしまうのでしょうか?

でも、信が将軍となって新章がスタート!な展開もファンとしては嬉しいですよね。

今度こそ信が将軍になれますようにっ!

 

将軍たちが次々に帰還する?

論功行賞が延期になっている理由は、王翦・桓騎・楊端和たち将軍が不在だったという事でしたので、この3人が無事帰還するところから新章が始まるかもですね。

これら将軍が帰還することによって、論功行賞が行われそこで「李信」となった信が将軍に就任するかもしれない。という期待はますます高まってきます。

特に久しく顔を合わせていなかった楊端和が”李信”と再会するときのリアクションがすごく楽しみです♪

「李」の姓を受けたことをすごく喜んでくれるに違いありませんからね。

 

李朴はどうなる?

朱海平原で敗戦してしまった李朴は、将として責任を取らされいいわる形で斬首刑が言い渡され幽閉されていました。

李朴を救出するべく、扈輒と舜水樹が向かおうとしていましたから、無事に救出されるシーンが描かれるのでしょうか?

しかし、史実に基づくなら今後のストーリーのためにもこの救出は重要なポイントになりますが、新章の始まりとしてはここで描くシーンではない気がするので、回想のかたちでこっそり解放されているパターンになるかもですね。

信が将軍になれますよーに♬

 

 

スポンサードリンク

キングダム642話ネタバレ最新確定速報!

最新2020年6月4日発売「キングダム」642話のネタバレ確定をお送りしたいと思います。

いや~前話で「李」の姓を受けたので、将軍への道は見えたなっ。とは思っていましたが、新章幕開け早々とは驚きましたね~。

ファンの中には涙した人も多かったのではないでしょうか?

では、以下「キングダム」642話ネタバレ確定です。どうぞっ♪

 

大移住計画

現実世界では3週間待ち望んだ再開でしたが、こちらでは鄴攻略から5か月の月日が流れていました。

秦国の南列尾近くの村では、道を覆いつくすほどの人たちがゾロゾロと歩いています。

その数は壮大で、すでに半日は流れが途切れていません。

彼らが目指すのは「列尾・橑陽・鄴の三角地帯」です。

農民たちの間では、早く移住すればするほど年貢の免除ばかりか新しい仕事ももらえると噂が広がり、三角地帯を「新天地」と夢見て子どもからお年寄りまで必死に歩いている様子が描かれています。

しかし、大移住計画には裏の政治的意図が隠されていました。

目指す三角地帯を秦国の土地だとしめすため、一刻も早く秦国の民でいっぱいにしたかったのです。

この攻略は山陽の時にも行われましたが、今回の規模はその比ではありません。

そして大移動を続ける民を守るため軍隊も相当数派遣されたので、まさに秦人にとっては新天地への「大移住計画」です。

 

河了貂と蒙毅が久々の再会

シーンは咸陽へ移り、場内では河了貂と蒙毅が久々の再会を果たし、お互いに手を取り再会をすごく喜んでいます。

河了貂は昌平君へ朱海平原の報告をするため呼ばれたのです。

ほかの隊と話が違う点があるという事で、何度も足を運んでいる河了貂。

今後の戦略のためだとは言え、軍師のお仕事は大変ですね。

そして、楽華隊の胡漸副長が戦死したことを伝えます。

胡漸は蒙毅とその兄蒙恬の親代わりとして育ててくれたお爺さんですが、龐煖の奇襲によって亡くなってしまったのです。

そして、その龐煖を信が打ち取ったことも伝えます。

これを聞いた蒙毅は敵を討ってくれた信に感謝しました。

さらに多くの仲間を失ったことを悲しむ2人は「立ち止まらずに前に進まないと」と自信を鼓舞し、前向きに今後の秦国について語り合うのでした。

 

論功行賞がはじまる!

そしついに、論功行賞の開幕です!

本館には多くの文官たちが集まり、信も控室へ通されました。

着替えが準備されていましたが、信はいつもの服装のままで出席するつもりのようです。

外を眺めていると、華やかな衣装をまとった政が数人の側近を引き連れ信のもとへやってきました。

政は焦る側近たちや周囲の目など気にすることなく、信の肩に手を置き「いよいよだな」と一言だけ。

お互い目を合わせ、そのまま政は正殿へ戻ります。

信はその一言ですべてを察したのでしょう、空を見上げて「ふー」っと息を吐きました。

そしてついに式典が始まりました。

まず呼ばれたのは王翦将軍です。

政に向かい跪いて頭を下げ、小刀をうけとり、第一功の特別大功を授かりました。

桓騎と楊端和も同じく特別大功を授かりましたが、会場には現れず代わりに摩論とバジオウが受け取ります。

そしてついに、李信・王賁・蒙恬の3人の名が呼ばれます。

そのころ会場の外には、少しでも早く結果を聞こうと多くの飛信隊が集まっていますが、中には入れません。

式典会場の中にいる河了貂から、一定の距離で中継役を置き、外で待つ飛信隊へ速報が流れるようになっています。

みんな緊張し、固唾を飲んで待っているとき、いよいよ功績がたたえられ始めました。

まず名が呼ばれたのは、楽華隊の蒙恬。

朱海原で紀彗軍を見事に閉じ込めることに成功し、勝利へを導いた功績を称えられ第一等の特別功となりました。

次に、玉鳳隊の王賁。

秦右翼にて独立遊軍として活躍し、趙将の尭雲を討ち取ったことを称えられ、第一等の特別功を与えられます。

そして最後に、飛信隊の李信。

玉鳳隊と同じく秦右翼で活躍し、黒洋では趙将岳嬰を討ち、さらには趙峩龍、そしてさらに強敵であった趙三大天の龐煖を討ち取ったことを称えられました。

「よって、この三人を・・・し、し、”将軍”に任命する!」

河了貂の合図により、場外で結果を待っていた飛信隊のもとへ吉報が届くと、みんな顔をぐちゃぐちゃにし声にならない声を上げて泣いて歓喜しています。

もちろん李信の目にも涙が溢れています。

ついに幼いころから目指していた、夢へとまた一歩近づいたのでした。

以前の論功行賞でがちがちだった信とは違い、将軍らしい誇らしげな顔の李信が描かれ、「キングダム」642話は終わりです。

ついに やったね李信 >o<!!
最高です!最高ですよ!! おめでとう李信将軍!!!

 

スポンサードリンク

まとめ

ここまで「キングダム642話ネタバレ確定最新考察!信が将軍となり新章が始まる!?」のテーマでお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

ついに第一話のフラグを回収した、「キングダム」642話の展開は最高でしたね。さすがです。

思わず「ありがとう・・・」と涙ぐんだのは私だけではないはず。。。

ついに将軍となった李信の今後の展開は、史実に基づき描かれていくのでしょうか?

新章の展開が気になるところですが、今回の「キングダム642話ネタバレ確定最新考察!信が将軍となり新章が始まる!?」はここまでです。

次回、「キングダム」最新話643話ネタバレ考察もお楽しみに♪

スポンサードリンク