鬼滅の刃ネタバレ最新話193話確定&予想!幻覚の中の出来事

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 193話 予想 その後
スポンサードリンク
Pocket

2月7日ネタバレ確定しましたので追記しました!

鬼滅の刃はホント奥が深いですね~

一コマ一コマちゃんと意味があってほんと見逃せません!

回を増すごとに感じています。

今回も張り切って予想していきますよ!

前回192話予想では、炭治郎の鬼化がキーポイントになってくると予想。

そして甘露寺の援護を受けながら、炭治郎と無惨の一騎打ちが始まるのではと考えました。

ここからの続きは一体どのようになるのでしょうか?

以下はネタバレを含みますのでご注意くださいね!

では、「鬼滅の刃ネタバレ最新話193話予想とその後!幻覚の中の出来事」をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃最新話193話ネタバレ予想

柱達のほとんどが瀕死状態となってしまった今、無惨対抗にはやはり鬼化がキーポイントとなってしまうのか?

まずは、193話で予想できる展開について考えていきます。

 

柱達の瀕死状態は幻覚だった?!

191話で無惨に思いきり吹き飛ばされ、建物の壁に埋まってしまい瀕死状態の柱達。

善逸・伊黒・行冥・義勇はそれぞれ腕や足を欠損、伊之助はバッサリ斬られ、カナヲは血を吐き、実弥は足だけが見えている状態です。

この状況、あまりにも酷ですよね。

鬼滅の刃では登場人物が失った体の部分はニョキニョキと再生したりくっついたりしません。

復活したとしても腕や足はそのまま失われたままになってしまうでしょう。

(無惨は別ですが(;^ω^))

しかし、以前彼岸朱眼で失明したはずのカナヲの右目、何故か191話の愈史郎の札が外れた後では治っているように見えるんです。

ロボとり
え?!そうなの?気づかなかった

そしてここで思い出していただきたいのが、140話で無惨と戦う珠代様のシーン。

よく見ると無惨を攻撃する前に珠代様は自分で自分の腕を引っ掻いて血を出しています。

だとすると、まだ珠代様の幻覚効果が続いているのかもしれません。

札が外れたカナヲの右目が治っているということは、カナヲの右目が失明したことは珠世さんが見せていた幻覚なのか?

この状況が現実ではないことを祈りたいです!

ねこ丸
確かにカラスもさ夜明けまであと1時間3分ってへんな言い方してるにゃーと思ったんだよね。それも、幻覚効果のせいかもしれんにゃ!

 

甘露寺が無惨戦に復活

愈史郎の治療を受けた甘露寺は無惨と戦う炭治郎の元に向かいます。

すると柱達がほぼ全滅状態であることを目の当たりにし、驚きを隠せない様子。

炭治郎の姿を見つけ駆け寄りますが、あまりの容貌の変化に悲しむのではないでしょうか?

ですがそんなことは言っていられません。

炭治郎の援護に加わり、無惨との戦いを繰り広げると予想します!

 

節分の日にちなんで?!

192話が発売されるのが2月3日。

皆さん2月3日は何の日かご存じですか?

ロボとり
節分の日だよね、それがどうかしたの?

節分の日といえば”鬼を退治する日”ですよね?

そして、その鬼に投げつけるものは”豆”、すなわち「禰豆子」(゚д゚)!!

ねこ丸
ほんとだ!禰豆子の”ず”は”豆”だもんね!その路線あるかもにゃ~

ということは192話で禰豆子が参戦し、193話では炭治郎が前に言っていた通り「無惨は俺と禰豆子で倒す!」という言葉通りになるのかもしれません!

ですが、鬼滅の刃では、炭治郎がピンチになると禰豆子が参戦するという流れになっています。

192話で禰豆子参戦が濃厚だとしても、193話の展開ではまだそこまで炭治郎がピンチになる状況が考えられない気もするんですよね~

悩みますね、これは(-“-)

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃193話ネタバレの感想と予想ツイッター

瀕死状態の柱達は珠代様が見せている幻覚なのか?

それとも本当の状態なのか?

一気に全滅状態は考えたくありませんよね( ;∀;)

これは幻覚だった!の展開期待しています!

 

193話に対するツイッターの反応は?

ロボとり
”豆”は”魔滅”や”魔目”とも書くみたい。やっぱり192話で禰豆子が参戦してくるかもしれないね!

ねこ丸
ほんとそれ!ワニ先生毎回残酷すぎるよ!もう少し皆に余地を残してあげて欲しいにゃ(泣)

そうなんですね………

ということは、まだまだ命を懸けた戦いをしていくことになるようです( ;∀;)

ですが、参戦メンバーがほぼ全滅というあまりにも過酷なこの状況。

これが幻覚でなければ、無惨戦後もこの姿のままになってしまいます。

この先の鬼殺隊としての活躍にも不安を感じざる負えません。

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃最新話193話ネタバレからその後の展開予想

無惨に思いきり吹き飛ばされ、建物の壁に埋まってしまい瀕死状態の柱達。

善逸・伊黒・行冥・義勇はそれぞれ腕や足を欠損、伊之助はバッサリ斬られ、カナヲは血を吐き、実弥は足だけが見えている状態です。

しかし、全滅かと思われたこの状況、実は幻覚でした!

珠代様の幻覚効果が切れ始め、失われた腕や足などが戻っていくカナヲ・善逸・伊之助・実弥。

愈史郎の札を付けていたこの4人は、さっきまでの状況がまるでなかったかのように復活していきました!

そして、愈史郎の治療を受けた甘露寺も無惨と戦う炭治郎の元に向かい、傷ついた柱達と炭治郎の鬼のような姿を目の当たりにします。

炭治郎のあまりの酷い容貌に悲しむ甘露寺。

ですがそんなことは言っていられません。

炭治郎の援護に加わり、無惨との戦いを繰り広げると予想します!

192話で禰豆子参戦、193話では「無惨は俺と禰豆子で倒す!」という炭治郎の言葉通り有言実行となるのか?!

 

スポンサードリンク

鬼滅の刃最新話193話ネタバレ速報!

では鬼滅の刃最新話193話ネタバレをご紹介していきます!

 

扉を開く者

炭治郎の変化を感じている無惨。

その変化は、炭治郎が死の淵に立ち、更に強靭な肉体となって復活することでこれまで不要だった感覚や力の扉が開いたからだと。

死の淵で扉を開くことが出来ない者は死んでしまいます。

禰豆子の力に頼らず赫刀にすることが出来た炭治郎。

しかし、炭治郎の攻撃をかわしつつ、無惨は「縁壱の力ならこんなものではなかった、あの男には到底及ぶものなどいない」と縁壱を思い出します。

無惨にそこまで思わせるとは、さすがは鬼殺隊最強と言われた剣士”縁壱”。

無惨は大分、炭治郎に対し甘くみているようです。

 

必死に戦う炭治郎!

日の呼吸 日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)!

火車(かしゃ)!

舞をやっとのことで6つ繋げ必死に戦う炭治郎!

ですが、型を繋いだのは十二あるうちのまだ半分。

あと更に6つ繋げなければなりません。

攻撃を交わす為脳や心臓の場所を常に変える無惨。

更に無惨の攻撃速度は早い為胴体までなかなか刃が届きません。

自身の肺・四肢・心臓の限界に近い悲鳴を感じながら、今にも破裂するかのような体の強烈な痛みに耐えつつ戦う炭治郎。

愈史郎のから投与された薬の効果は切れ始めているのでしょうか?

炭治郎は汗と疲れが止まりません。

夜明けまでまだ1時間近く。

炭治郎は気が遠くなり、疲労が溜まっていきます。

 

一秒一秒を繋ぐ

そんなことに気を取られていると、正確な舞の姿勢を崩してしまう!

今は余計なことを考えている暇はない!

炭治郎は全身全霊を戦いに集中させます。

今考えるべきなのはこの舞を完成させ続けること!

一秒一秒を繋いでいくことだけ!

無惨を倒す為、炭治郎は無心で型を繋げていきます。

 

トドメが差せない無惨

炭治郎の舞の正確さは無惨から見て急激に落ち始めてきているよう。

赫刀もこれまで、所詮この程度と無惨は高をくくっています。

そして、縁壱のような剣士がそうそう生まれて成るものかと脳裏に思い出しながらいら立つ無惨は黒い三日月状の攻撃を炭治郎に浴びせました。

ゴフッ!と血を吐き出す炭治郎。

これは絶好の機会!チャンス!と考えた無惨は後頭部へトドメを指そうと触手を伸ばし攻撃を喰らわせます!

ですが、間一髪!炭治郎は触手を完全に交わしましたが……

「何かがおかしい………」ここで無惨は違和感を覚えます。

炭治郎の体力や攻撃の精度が落ちてきてるのにも関わらず、何故自分のトドメが差せなかったのか?

明らかに無惨の体力の方が上回っているはずのこの状況なのに、一体何がどうなっているというのでしょうか?

 

無惨の感じる違和感

無惨の感じている違和感、それは何なのか?

何故か自分の攻撃の速度まで落ちてきている、たかが炭治郎相手にこんなに時間が掛かるなんて………

「一体この変化はなんだ?」と無惨は疑問を抱きます。

そこで、「もしやこの変化は珠世の薬のせいか?」とふと思った無惨。

自分の細胞に取り込んでいる珠世を生首状態で呼び出します。

無惨は珠世に、これは本当に人間に戻る薬なのかを問いました。

 

あざ笑う珠世

生首状態で無惨の前に現れた珠世。

無惨の「これは本当に人間に戻る薬なのか?」との問いにこう答えました。

「お前に使った薬は人間に戻すもの。それと………」と意味ありげに言葉を詰まらせる珠世。

続けて「言わない……無駄に増やした脳ミソを使い考えたらどうだ」とあざ笑います。

この言葉に無惨は怒り心頭。

珠世の頭を思いっきり握り潰したのでした。

 

珠世の薬の効果

珠世の頭をひねり潰した無惨は、珠世の残した細胞から記憶を読もうと試みます。

記憶の中を覗くと、愈史郎としのぶが珠世の薬を作っている時の回想シーンが見えてきました。

そこで「この薬には人に戻す効果と老化させる効果がある。珠代の薬は複数効果の掛け合わせにする。」と言うしのぶ。

更に「恐らく無惨はこの薬を分解してくるはず。それ前提で作るべき。」と言った後無惨驚愕の言葉が続きました。

「一つ目は人間に戻す薬で、これが効かなければ残った薬がより強力に効くよう細工すればいい。そして二つ目の薬は老化の薬に。」

無惨はハッ!と気づきます。

自分は「老化し続けていたのだ!」と。

しのぶは一分で五十年も老いが進行させることが出来る薬を掛け合わせていたのでした!

 

急激な老化

自身の老化が急速に進んでいることに気づいた無惨。

老化の進行食い止める為力が衰え違和感があったのかと我に返ります。

再び珠世の細胞に向かい「お前は何をした?私に使った薬は人間返りではなかったのか?」と問う無惨。

珠世が無惨に薬を使ったのは五時間程前。

薬が効き始めるまでの時間を差し引いても三時間以上の作用はあるはずです。

そして、自分の体を調べてみる無惨。

毎分ごとに50年老いていくということは50年×60分=3000年。

3000年が3時間ということは………なんと9000年も老化していることに!!

無惨は自身の体が「9000年老いている!」と驚愕します。

「頭髪の色が戻らないのはこの為か……」と気づく無惨。

いくら不死の身体とは言えど、老化に勝つことはできません。

 

夜明けまで59分!

場面は無惨と炭治郎一騎打ちのシーンに戻り「夜明けまで59分!!」と伝える烏。

十二の型を一回りするのにどのくらいの時間がかかるのかは分かりませんが、とにかくまだまだ時間はあるようです。

日の呼吸 飛輪陽炎(ひりんかげろう)!

輝輝恩光(ききおんこう)!

碧羅の天(へきらのてん)!

炎車(かしゃ)!

無惨からの容赦ない触手攻撃も冷静にはじき返しながら、諦めず舞続ける炭治郎。

無惨の変化など全く気づいていない炭治郎は舞を正確に繋げ続けます。

烈日紅鏡(れつじつきょうこう)!

炎舞(えんぶ)!

みるみるうちに炎が舞い、型が繋がっていきます。

「うるさい!」と炭治郎に直接攻撃を当てようとする無惨。

幻日虹(げんにちこう)!

次の瞬間炭治郎は幻影となりました。

 

炭治郎十二の型を繋げる!

更に炭治郎の舞は続きます。

円舞(えんぶ)!

斜陽転身(しゃようてんしん)!

灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)!

日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)!

陽華突(ようかとつ)!

炎上の柱を舞い上げながら、無惨の触手を燃やす炭治郎!

型を繋げるにはどうやら順番は関係ないようです。

そして炭治郎は十二の型を繋ぐことに成功します!

ですが止めてしまえばそこで終わり、一度始めれば諦めることはできません。

十二個の型を何度も何度も丁寧に繰り返し、もっと速くもっと正確に舞続けなければならないんです。

「繰り返せこの十二の巡りを夜明けまで!!」と心の中で叫ぶ炭治郎。

夜明けまで舞続けるにはかなりの体力を消耗しますが、果たして持つのか?

負けるな!炭治郎!!

 

鬼滅の刃最新話ネタバレ193話の確定&予想・感想まとめ!

「鬼滅の刃ネタバレ最新話193話予想とその後!幻覚の中の出来事」をお届けしてきましたがいかがでしたか?

前回192話では炭治郎が鬼化し無惨と一騎打ちになると予想しましたが、今回193話で予想される流れから、192話では禰豆子参戦の可能性が高いと予想します。

そして、193話では柱達の幻覚が解け甘露寺が参戦、新たなメンバーで無惨戦が開始されるかもしれません。

まだまだ先が読めないこの状況。

194話ではどんな展開が予想されるのか?!

次回予想もお楽しみに♪

以上、「鬼滅の刃最新話193話の予想とその後!幻覚の中の出来事」をお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク