菅野よう子の奉祝曲「Ray of Water」作曲にすごいの声!過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介

菅野よう子 奉祝曲 作曲にすごい 過去 人気曲 評価 海外の反応 
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『菅野よう子奉祝曲「Ray of Water」作曲にすごいの声!過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介』について書いています。

11月9日に東京・皇居外苑、内堀通り、皇居前広場で開催される「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」。

その天皇陛下の即位を祝う行事で、嵐が第2部に登場することが決まりましたね。

しかも、菅野よう子さんが作曲した奉祝曲を辻井伸行さんのピアノ演奏で歌唱することでも話題となっています。

そんな、天皇陛下の即位を祝う「奉祝曲」の作曲を担当される菅野よう子さんですが、どのような作曲家さんなのでしょうか?

そこで今回は『菅野よう子「奉祝曲」作曲にすごいの声!過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介』と題して紹介していきたいと思います。

 

菅野よう子はどんな人?過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介

出典元:http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/magazine/yoko-kanno-interview

まずは菅野よう子さんとは一体どんな人物なのか、そこから紹介していきたいと思います(^o^)

菅野よう子さんは作曲家、編曲家、演奏家、音楽プロデューサーというすごい経歴の持ち主。

主にアニメ、ゲーム、CM、ドラマ、映画の音楽を手掛けている方なんですね。

そんな菅野よう子さんは小さい頃から音楽の才能に恵まれ、かなり若い頃から活躍されていたそうです。

 

菅野よう子の基本プロフィール

  • 名前:菅野よう子(かんのようこ)
  • 本名:菅野洋子(かんのようこ)
  • 生年月日:1963年3月18日
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 血液型:O型

最終学歴:早稲田大学中退

※作曲家の菅野洋子とは同姓同名であるうえ宮城県出身、しかも早稲田大学出身という経歴も似ていますが別人です。

2019年現在では56歳ということになりますが、50歳半ばにはとても見えない若々しい姿をされていますね!

やはり作品をつくる際に外からいろいろな刺激を受けることで、若々しい魅力的な存在になるのかもしれません!

 

菅野よう子過去の人気曲や評価は?

菅野よう子さんの音楽作品の中でも特に話題となっているのがアニメソング(アニソン)のジャンルということで、まずは関わったアニメ作品のおおよその一覧を紹介したいと思います。

マクロス

 

カウボーイビバップのOP曲

 

∀ガンダム

 

攻殻機動隊

 

海外の反応は?

Netflixオリジナルドラマとして制作された実写版『カウボーイビバップ』を巡って、海外ファンの間では音楽は誰が!? と海外で議論になったことがありましたね。

誰が音楽を手がけるか分かるまで、『カウボーイビバップ』(の実写化) には期待しないし、正しい答えは一つしかない。

この「正しい答え」が誰を指しているかというと、海外ファンは菅野よう子起用を熱望していたと言います。

一般のファンからも

菅野よう子に使用料を支払って原曲を使用するべき。音楽だけは台無しにしちゃいけない。

誰にも菅野よう子の代わりは務められない。

唯一の正しい答えは、菅野よう子だ。

菅野よう子…唯一無二の女王。

など、菅野よう子さんをドラマ版にも起用するよう望む声が多数あるほど。

海外でも菅野よう子さんの作曲には高い評価があったんですね。

 

菅野よう子「奉祝曲」作曲にすごいの声!SNSの反応は?

 

スポンサードリンク

まとめ

『菅野よう子「奉祝曲」作曲にすごいの声!過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介』について書いてきました。

菅野よう子さんは東日本大震災のチャリティーソング「花は咲く」の作曲も手掛けたことでも話題になりましたよね。

今回の奉祝曲は天皇陛下の長年の研究分野である「水」をテーマにしているということですが、どんな曲になるのかとても楽しみですよね!

>>奉祝曲「Journey to Harmony」歌詞全文

以上、『菅野よう子「奉祝曲」作曲にすごいの声!過去の人気曲や評価・海外の反応も紹介』についてお届けしました。

スポンサードリンク