呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!

呪術廻戦 146話 ネタバレ 確定 最新 考察
Pocket

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!

最新ネタバレ呪術廻戦146話速報①!

まだまだ天元様のお話が続くネタバレとなった146話の呪術廻戦。

来栖華の話を広げて、死滅回游のルールを解説!

呪術廻戦版バトルロワイアルの全容が見えてきて、虎杖や伏黒たちの狙いも明確になりましたね!

再び驚きの情報もお届けします!(笑)

来栖華(くるす はな)が呪術廻戦146話のキーパーソン!

前回の呪術廻戦ネタバレでは、天元様が質問の答える形式で進んでいきましたね!

偽夏油の本名が明かされたり、獄門疆の封印を解く手段が明確に描かれるなど実のあるネタバレでした!

特に天逆鉾の術式強制リセット、ミゲルの縄の術式を乱す能力が獄門疆に効果があるとわかったのは、虎杖たちにとっても大きかったことでしょう。

ただミゲルの縄は五条先生が壊しており、天逆鉾も多分五条先生が封印しているため、今すぐに封印を解く手段はありません!

もしかしたら偽夏油も知っている可能性は十分にあり、警戒している可能性も高く、全てがポジティブというネタバレではありませんでした!

さらに死滅回游にすべての術式をリセットする強敵が参戦しているとも明かされ、津美紀姉さん大ピンチです。

そして呪術廻戦146話ではその続きから…。

獄門疆の回収と封印を解く手段を探して、虎杖たちは行動を起こす146話ネタバレになるでしょう。

いったいどのような行動を起こすのか、渋谷事変から新章に突入する呪術廻戦146話ネタバレに期待!

それでは、「呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!

みなさんも今後の展開を予想しながら、楽しんでみていってくださいね!

 

Contents

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!

最新呪術廻戦146話ネタバレはここから!

確定速報第一弾!

文字バレを中心にどんなネタバレ展開か、速報でお届けしましょう!

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!

ついに呪術高専最強の3年生「秤 金次(はかり きんじ)が登場します!

呪術廻戦145話発売情報は、週刊少年ジャンプ公式サイト公式ツイッターをご覧ください。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報|天元様が死滅回游の総則(ルール)を解説!

伏黒「術式を消滅させる…?」

天元「そうだ、天使・来栖華の術式なら獄門疆を裏から空けることが可能だ」

伏黒「そいつは今どこに?」

天元「東京の東側の結界(コロニー)。回遊の結界は私を拒絶しているからそれ以上は分からない」

九十九「まずは整理しよう。全国10か所に結界(コロニー)、それが日本中の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっている。北海道が10か所に入っていないのは呪術連の結界か?」

天元「そう。あそこはすでに巨大な霊場として慣らし済だ」

九十九「さすが試される大地」

天元「彼岸へ渡すと聞くと仰々しいけど、日本中の人間に呪いをかけて同化の前準備をしている」

乙骨「同課の儀式にはどのくらいかかりますか?」

天元「回遊次第!だが2か月で十分だろう」

 

1.泳者(プレイヤー)は術式覚醒後19日以内に任意の結界(コロニー)で死滅回游への参加を先制しなければならない

真希「今は11月9日AM9時」

乙骨「泳者の覚醒は10月31日24時くらいかな」

伏黒「津美紀が参加するまでの猶予は10日と15時間…」

 

2.前項に違反した泳者(プレイヤー)からは術式を剝奪する

伏黒「天元様はさっき参加を拒否したら死ぬといっていましたね?」

天元「そうだ」

伏黒回想

家入硝子「術式の剝奪か…。後から参加する術師にも適用されるルールだろ?そうであれば剝奪は『無為転変』で行われないと思う」

家入硝子「使用禁止ではなくて剝奪だから縛りでもない。となると脳に無理やり何かをされるわけだから、剝奪されたら死ぬと思うよ。死ななかったらみんな参加しないでしょ」

伏黒回想終了

真希「硝子さんの読み通り…けど私みたいな術式無しにはノーリスクだよな」

 

3.非泳者(ひプレイヤー)は結界(コロニー)に侵入した時点で泳者(プレイヤー)となり、死滅回游への参加を宣誓したものみなす

虎杖「このルール、初めから結界にいる人はどうなるの?」

天元「少なくとも一度は外に出られる」

虎杖「マジで?」

乙骨「随分と親切ですね」

天元「総則(ルール)に1つも結界(コロニー)の出入りに関する条件がない。泳者(プレイヤー)を閉じ込めるには泳者(プレイヤー)が自分の意志で入ったという条件が重要」

伏黒「猪野さんが言ってた結界の足し引きだな」

 

4.泳者(プレイヤー)は他泳者(プレイヤー)の生命を絶つことで点(ポイント)を得る

5.点(ポイント)とは管理者(ゲームマスター)によって泳者(プレイヤー)に懸けられた価値であり、原則術師5点、非術師1点とする

虎杖「総則に原則ってごちゃっとするなー」

虎杖「伏黒?」

伏黒「いや、天元様、管理者(ゲームマスター)っていうのは?」

天元「泳者(プレイヤー)に1体ずつ憑く式神・コガネ」

天元「コガネもゲームマスターではなく、受付みたいなものだ。ゲームマスターとは死滅回游のプログラムそのものだと思ったほうがいい」

虎杖「なるほど(本当は分かっていない)

 

6.泳者(プレイヤー)は自身に懸けられた点を除いた100得点(ポイント)を消費して管理者(ゲームマスター)と交渉し死滅回游に総則(ルール)を追加できる

九十九「追加か…、今のルールの削除はできないか」

伏黒「遠まわしなら行けるかもしれませんね」

 

7.管理者(ゲームマスター)は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない

腸相「これはアリなのか?」

真希「判断基準がアッチよりすぎる!」

天元「ある程度は公平な判断が見込まれるはず。すでに泳者にここまで総則を強いている。呪術的にこれ以上羂索に利益が偏ることは無い」

 

8.参加または点(ポイント)取得後、19日以内に得点(ポイント)の変動が見られない場合、その泳者(プレイヤー)からは術式を剝奪する

虎杖「また人を殺さないといけないのか…」

伏黒「いや、いくつか考えがある」

こうして天元様と死滅回游総則(ルール)の振り返りが、呪術廻戦146話の冒頭で行われます!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報|伏黒恵は禪院家当主になる!

真希「情報は整理できた。それぞれの役割を振り返ろう」

真希「由基さんと腸相はここで天元様の護衛」

真希「私は禪院家に戻って呪具を回収する」

九十九「悟が封印されてすぐに高専忌庫は加茂家と禪院家が呪具をもっていってスッカラカンになった」

真希「だけど恵が禪院家の当主になった」

虎杖「おっ!!?}

伏黒「あとで説明する」

真希「おかげで禪院家の忌庫はこっちのもの…。そのまえに天元様!」

天元「分かっている。組屋鞣造の工房だろ?」

真希「助かります」

真希「用が済んだらパンダ探して回遊の平定に協力する!憂太は?」

乙骨「僕はすぐに結界に入って回遊に参加するよ。津美紀さんや伏黒君たちが参加する前に情報を集める」

伏黒「すみません」

乙骨「まんがいち身内で潰し合うことが無いように。それから津美紀さんに何かあったときのために近場の結界は避けるね」

乙骨「結界で電波が絶たれるかもしれないから暫く連絡は取れないかも」

虎杖「弱音を言っている場合か!大丈夫だ」

伏黒「そん時は俺が死んだ後しっかり殺してもらえ」

伏黒「先輩」

真希「ああ、お前らは予定通り『金次』のとこに行け」

虎杖「金次?」

乙骨「秤 金次(はかり きんじ)。停学中の3年生だよ」

真希「今はとにかく人手が足りねえ。なにがなんでも駆り出せ」

虎杖「その人強い?」

乙骨「ムラっ気があるけどノッテル時は僕より強い」

真希「それは無い!」

虎杖たちはそれぞれの役割を遂行するため薨星宮を出る…

虎杖「腸相!ありがとう、助かった」

腸相「…死ぬなよ」

ボリューム満点の146話呪術廻戦!

腸相はここで虎杖を見て泣いてしまいます!(笑)

弟想いのお兄ちゃんですね!

そして場面は変わり、新たな泳者が…。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報|新たな泳者(プレイヤー)高羽 史彦(たかば ふみひこ)登場!

高羽「面白くないギャグ…」

しらける会場…。

高羽「あざっした…」

先輩芸人「高羽!!」

先輩芸人「いつまでそないしとんねん!!やめーや、こっちまで辛気臭くなるねん!!」

頭を抱える高羽

先輩芸人「おまえいくつか?

高羽「35っす」

先輩芸人「ほなもうやめてまえ」

先輩芸人「この業界遅咲きのやつ、よー分からんきっかけで売れるやつぎょうさんおる」

先輩芸人「そいつらは元々おもろかったけで埋もれてただけやねん」

先輩芸人「おまえはそうちゃうやろ!?悪いことは言わん、おまえにむいていることをせえ」

先輩芸人②「俺は嫌いやなかったで、高羽のネタ」

高羽「ケンさん」

ケン「アイツもお前も勘違いしとる。おもろなくても売れるやつは売れる」

高羽「一発屋的な話?」

ケン「ちゃうわ」

ケン「ずっと売れ続けるやつには2種類おる。ずっとおもろいやつ、じぶんのことがおもろいと勘違いできるやつや」

ケン「おまえはどっちや?」

高羽「五分だ五分だというけど…本当は七三くらいが…(不気味な暗い影が背後から登場)」

死滅回游泳者・高羽 史彦(たかば ふみひこ)

以上で最新呪術廻戦146話は終了!

続々と泳者たちが登場しています。

新たな敵となるのか、味方となるのか全く読めない展開ですね(;・∀・)

≫呪術廻戦147話ネタバレ最新速報!

 


呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察!

ここからは呪術廻戦146話ネタバレを紹介!

呪術ファン待望の新章突入となる146話ネタバレ。

テンポよく進んでいく呪術は見ていて心地が良く、見入ってしまいますね♪

146話で注目のポイントは、

  • 獄門疆を取り戻す方法
  • 死滅回游にだれが参加する
  • 天逆鉾はどこにある
  • 来栖華の役割

と言ったところでしょう!

天元様は大きなヒントを与えてくれた前回の呪術ネタバレ!

それでは、最新146話ネタバレを「呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!来栖華が死滅回游で与えられた役割が明かされる?」とラベリング!

早速見ていきましょう!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|天元様から死滅回游の開催場所が明かされる?

全知全能の天元様は死滅回游がどこで開催されるのかもわかっているでしょう!

伏黒恵たちは天元様から死滅回游がどこで開催されるのかを聞き出すとネタバレ予想!

日本の結界の考え方からすると、死滅回游もどこかを中心として要所要所を結んだ渦巻き状の円を描くようにあちこちで開催されるのではないでしょうか?

津美紀は埼玉の病院に入院していたと考えられるので、関東圏で参加しそうですね!

関東圏で呪いが強そうなのは徳川家康が眠る日光東照宮などが、よく上がってくるのでそのへんで死滅回游が開催される可能性も十分にあります!

最新呪術廻戦46話では、死滅回游開催場所が天元様から明かされると予想してみました!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|津美紀救出作戦は伏黒の領域展開完成のきっかけになる?

前回の呪術廻戦ネタバレで、偽夏油が術式を覚醒させた人同士を戦わせようとしていました。

津美紀救出のため、伏黒も「死滅回游」に巻き込まれるのは皆さんが予想していますね!

そこまではありきたりなので、その戦いの中で伏黒の領域展開が完成するとネタバレ予想。

こうなると宿儺がウキウキした顔で再登場しそうですね(笑)

礼の縛りを発動させて、強制的に1分間入れ替わる可能性すら出てきました!

伏黒恵が活躍するたびに、宿儺のウキウキとした顔が見られるので、楽しみにしているファンも多いと思うのですが、個人的には恋する乙女のような宿儺に笑ってしまいます(笑)

呪術廻戦ネタバレ146話で伏黒の領域展開が完成しそうなネタバレ展開に期待しましょう(‘◇’)ゞ

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|禪院直哉も死滅回游に参加する?

新たなネタバレのキーワードとなる「死滅回游」

偽夏油こと加茂憲紀が企画・発案した呪術廻戦版バトルロワイアルといったところでしょう。

恵君を探す禪院直哉は津美紀の存在をキャッチして、恵君が死滅回游に参戦すると読み先回りするネタバレ展開を予想しています。

仮にも禪院家の当主に任命された男なので、乙骨憂太に見下されたまま終わるとは思えません!

当主の立場を取り返すために、恵君を狙って死滅回游に参戦するでしょう。

というか禪院家の他の兄弟たちは、ぽっと出の伏黒恵を当主に任命されて悔しくないんですかね?(笑)

直哉の反応が普通だと思うのですが、どうせ当主になれないと思っているのか、遺言が絶対だと思っているのか…。

あの怖そうな直哉の兄弟たちも、これから絡んでくるかもしれませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|津美紀が巻き込まれた死滅回游は京都で開催される?

前回の呪術廻戦ネタバレでは、加茂憲倫が「死滅回游」というデスゲームを開催することが明かされていましたね!

術式を付与された一般人たちが、得点を競い合うルールも紹介!

エリアに入っているだけで、一般人や他の術師も参加者にカウントされるという理不尽ルール(゚Д゚;)

そして最新の呪術廻戦146話では開催エリアが発表されて、京都になるんじゃないかなと考察!

日本では京都が最も歴史がある土地で権力争いが長い間行われており、人の恨みや妬みなども古くから続いた場所のため、呪いを発達させるには最も適した土地だと思います。

術式を付与されたばかりの者たちが強力な術者に成長させるために、加茂憲倫は京都を指定して死滅回游を行うのではないでしょうか?

そうなると戦いの舞台は渋谷から京都の街へ変わっていくのでしょう!

どこで死滅回游が開催されるのか明かされる呪術廻戦146話ネタバレに期待してしまいますね( *´艸`)

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|呪術高専京都校のメンバーも死滅回游に参戦?

加茂憲倫は京都を死滅回游の舞台に選ぶんじゃないか、という146話ネタバレ考察をお届けしましたね。

そうなると渋谷で活躍できなかった呪術高専京都校のメンバーたちが、こぞって死滅回游に参戦するというネタバレが、呪術廻戦146話で描かれると考察!

渋谷事変ではメカ丸の配慮というか梯子を外された形で、東堂以外の京都校メンバーはみんな間に合いませんでしたので、死滅回游に参戦することに気合十分!

加茂憲紀(のりとし)や禪院真依など名家出身の術師たちが、鼻息を荒くして死滅回游開戦を待っている描写が呪術廻戦146話ネタバレになっているかもしれません。

交流会以来の京都校メンバーたちがエピソードに本格的に絡むネタバレ展開を予想ているのですが、加茂憲紀や禪院真依を通して御三家の秘密や京都の秘密なども語られるネタバレ展開もありえますね(=゚ω゚)ノ

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|虎杖は黒閃を打てなくなっている?

これまでの呪術廻戦ネタバレで、乙骨憂太が虎杖が活きる理由を迷っていると語るシーンがありましたね。

そのために乙骨憂太と戦う虎杖悠仁は、テンションが上がり切らずに本来の実力を発揮する前に負けてしまったとも分析していました!

ということは、憂太は本当の虎杖の実力はもっと強いと考えているのかもしれません!

迷う虎杖は自慢の武器である「黒閃」を打てなくなっているとネタバレ考察!

生きていいかという虎杖の迷いが呪力と実際の攻撃を寸分たがわずコントロールする能力を著しく低下させており、黒閃を打てなくさせている描写が描かれるでしょう…。

死滅回游というバトルロワイアル参戦前に、虎杖の迷いによる戦力ダウンは大きな痛手(;゚Д゚)

精神的支柱というか、今の虎杖には生きて前を向く大きな理由が必要な気がします。

それを誰が示すのか、五条先生のいない今、伏黒恵なのか東堂なのか腸相なのか虎杖自身なのか?

虎杖が活きる理由と向き合うきっかけになる、黒閃が打てない現象が、呪術廻戦146話ネタバレになると思います。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|来栖華の役割はプレイヤーの術式を消滅させること?

来栖華は前回の呪術廻戦ネタバレから登場した、「すべての術式を消滅させる」術式を持つ人物!

かわいいルックスから想像もつかない残酷な術式!

来栖華が1000年前から存在しているという事実も、何かの伏線のはず…。

天元様は500年過ぎた結果あのルックスだったので、来栖華もあの顔で1000年生きているわけでは無いでしょう!

この時代に生まれ落ちた来栖華の役割は「死滅回游に参加する泳者の術式を消滅させる」こと。

負けた泳者の術式を問答無用で消滅させるために、1000年前からこの時代にやってきたとネタバレ考察!

呪術廻戦146話では、来栖華が早速泳者の術式を消滅させる姿が見られるでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|来栖華は敵として死滅回游に参戦する?

前回の呪術廻戦で新たなキープレイヤーとして登場した「来栖華」

五条悟解放のカギを握る人物であり、獄門疆の裏から強制的に解除できる唯一の人物です。

天元様が言うには1000年前からの術師ということもあり、偽夏油の正体であり羂索ともつながっていそうな気配…。

そうなると来栖 花は最初は敵として死滅回游に参戦するとネタバレ予想!

来栖 花の役割は、プレイヤーがルール違反したときの術式剝奪だと思うので、確実に羂索側でしょう!

どうやって五条悟解放に利用するのか、来栖 花のこれからのネタバレが楽しみですね。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|死滅回游に参加するのは虎杖・伏黒・真希・乙骨?

死滅回游に誰が参加するか、明かされる呪術廻戦146話ネタバレ!

私は「虎杖悠仁・伏黒恵・禪院真希・乙骨」の4人が、死滅回游に参戦するという146話ネタバレ考察!

虎杖と伏黒はセット、腸相も虎杖を追って死滅回游に参戦!

そして禪院真希は、術式を無効化する敵に対して唯一対抗できる手段を持っているので、死滅回游に参戦すると予想!

そもそも術式を持たない、そして圧倒的な体術使い!

虎杖と2人で、術式を無効化する相手にも対抗できそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|天元様から虎杖出生の秘密を聞く!

過去の呪術廻戦で、虎杖はおじいちゃんから自分の親について詳しく聞くことを拒否していましたね。

しかし偽夏油の狙いや五条先生の封印を解くことに、虎杖に出生の秘密が関わっていると呪術廻戦145話で判明!

そうなると何でも知っている全知全能の術師・天元様から虎杖悠仁の出生の秘密が語られるネタバレ展開になるのではないでしょうぁ?

カギを握るのは偽夏油こと「加茂倫紀」

腸相と同じ人物が親になっているなら、おでこに特徴的な傷跡があるはず(゚Д゚;)

虎杖悠仁の謎に包まれた出生の秘密が、天元様によって明かされる呪術廻戦146話ネタバレに期待しましょう♪

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|安倍晴明が平安時代最強の陰陽師として登場する?

平安時代が最強の呪いの時代として描かれている呪術廻戦!

そのためこれからの呪術廻戦ネタバレでは平安時代に活躍した人物たちが登場すると予想!

最有力候補はやはり「安倍晴明」

平安時代を代表する陰陽師で多くの呪いを祓ってきたであろう安倍晴明の存在が、呪術廻戦145話ネタバレで全知全能の術師から語られるでしょう。

敵か味方かは明かされないと思いますが、私は呪いを率いる敵として登場すると予想しています。

両面宿儺とも因縁がありそうですね( *´艸`)

安倍晴明がどのような形で登場するのか、呪術廻戦146話ネタバレに期待しましょう

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|九十九由基・腸相VS羂索となる?

天元様の護衛を務めることになった九十九由基と腸相ですが、天元さまの下を羂索が訪れるネタバレ考察!

早くも九十九由基&腸相VS羂索がネタバレで描かれるかもしれません!

この他戦いが勃発してしまったら腸相お兄さんは体を張ると思うので、死んでしまいそうですね…。

あまりにも羂索とは実力差がかけ離れている感じがします!

九十九由基の裏梅を止めた術式も気になるところ…。

特級術師・九十九由基の実力に天元様の命運がかかっています!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話最新考察|天逆鉾はすでに封印が解かれていた?

天逆鉾は五条先生が封印したと予想されています。

しかしすでに別の誰かの手によって封印が解かれていたとネタバレ考察!

ミゲルと乙骨が探しても見つからないわけです!

天逆鉾の封印を解くほどの実力なので、相当な実力者であるとともに、味方ではなさそう…。

高専に潜む内通者とも関係があるかもしれませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ 146話まとめ

呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!

最新の呪術ネタバレ考察をお届けしました!

146話では天元様と高専メンバーで死滅回游について情報を整理していましたね!

私が気になったのは「術師が原則5点」というルール。

原則ということは強さによってルールが変わりそうですよね!

乙骨一人で100点とか懸賞金のように強い術師は点数が高く、弱い術師は点数が低い可能性もあります。

そう考えると死滅回游はただの殺し合いではなくて、意外と戦略性の高いゲームかもしれません!

そして伏黒恵がしれっと禪院家の当主に!!

これは結構驚きました!

禅院直哉はいったい何だったのでしょう?

新たな死滅回游プレイヤーの発表が毎回あるのも、地味に楽しみになってきました!

それでは、「呪術廻戦ネタバレ 146話確定最新速報!天元が死滅回游総則(ルール)を解説!秤 金次もついに登場!」は一度ここまで!

まだまだ確定を追記予定です

次回考察も速やかに書くので、楽しみに待っていてくださいね!

それでは、また会いましょう!

スポンサードリンク