呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報!偽 夏油傑(加茂憲倫)の新たな策略!

呪術回戦 ネタバレ
Pocket

呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報!偽 夏油傑(加茂憲倫)の新たな策略!

呪術廻戦前話終盤、虎杖悠仁を含む呪術高専の生徒達は裏梅による術式の猛攻撃に耐え切れず戦闘不能の窮地に追い込まれてしまいました。

この絶体絶命のピンチに馳せ参じ駆け付けたのは他の誰でもない特級呪術師であり呪術高専京都校 東堂葵の師匠でもある九十九由基!

物語中盤、偽 夏油傑(加茂憲倫)と九十九の二人は対論し、対論真っ只中の中、偽 夏油は新たに二人の呪術師をこの世に誕生させます。

いやぁー!偽 夏油と九十九!

この二人の対論は読み進めていく度にハラハラドキドキと実に心躍る展開に仕上がってたので物語終盤の偽 夏油の逃亡さえなければ、偽 夏油 対 九十九!

特級呪術師同士の白熱した熱い戦いを見れたかもしれませんよね?

個人的には物凄く見てみたい!

偽 夏油の策略により、この世に新たに誕生してしまった二人の呪術師のうち一人は伏黒津美紀で間違いないでしょう。

目覚めてしまった伏黒津美紀の額に刻まれていた謎の文字は一体、何を意味し義弟である伏黒恵との関係性は今後どのように展開され描かれていくのか。

とっても気になりませんか?

そこで今回、この記事では【 呪術廻戦137話ネタバレ最新考察!偽 夏油傑(加茂憲倫)の新たな策略! 】と題しまして

呪術廻戦137話のネタバレ、考察、確定情報をまとめているので是非、最後まで読んでって下さい。

それでは早速、呪術廻戦137話のネタバレ、考察、確定最新速報スタートです!

 

呪術廻戦137話:ネタバレ・考察・予想!

ネタバレ、考察、予想をしていく前に先ずは呪術廻戦前話を一緒にざっくりと振り返っていきましょう!

呪術廻戦前話で裏梅の猛攻撃を受け瀕死に近い状態に陥ってた虎杖悠仁を含む呪術高専の生徒達の前に突如として現れ虎杖達を助けに来た九十九由基。

偽 夏油傑(加茂憲倫)と九十九の二人は顔を合わせるなり早速、互いの考え方の違いに気付き対論を繰り広げあい九十九と対論を交わす中で偽 夏油は新たな計画を実行に移し始めます。

その計画とは術式を遠隔発動させた「 無為転変 」この術式により額に謎の文字を刻まれ目覚めてしまった伏黒津美紀。

一方その頃、九十九も自身もまた偽 夏油と同じく、ある目的の為に行動していました。

その目的とはラルゥの動く時間を稼ぐという事!

そうこうしているうちに偽 夏油は五条悟を封印している「 獄門疆 」を持ち去り逃亡!?

以上!ここまでが、ざっくりとした呪術廻戦前話の振り返りとなります。

次は、いよいよ呪術廻戦137話の考察に入っていきましょう!

 

呪術廻戦137話:ネタバレ・考察・予想!:逃亡した夏油を追い虎杖悠仁を含む呪術高専の生徒達は九十九由基と行動を共にする?

虎杖悠仁を含む呪術高専の生徒達は九十九由基により救出され呪術高専 京都校に在籍中の他2名( 禪院真依・三輪霞 )は九十九と行動を共にしているラルゥに救出されており負傷した虎杖を含む呪術高専の生徒達を引き連れ九十九はラルゥと合流するでしょう。

九十九とラルゥの合流後、九十九は今後、虎杖を含む呪術高専の生徒達と五条悟を封印している「 獄門疆 」を偽 夏油(加茂憲倫)より取り返す為に作戦を練り上げ裏梅を含む、偽 夏油傑(加茂憲倫)に二度と負けぬ様、虎杖達を鍛え上げてくのではないでしょうか?

虎杖を含む呪術高専の生徒達を無事に鍛え抜いた後、九十九は虎杖達と行動を共にし逃亡した偽 夏油の行方を追うでしょう。

例え虎杖を含む呪術高専の生徒達と九十九の目的は違えど、虎杖達が偽 夏油達と戦う事になった際には迷わず虎杖達の力となり、自ら戦いに加勢していくスタンスでいてほしい!

でも、そっと見守るべき時には見守る。

そうゆう素敵な、お姉さん的存在の九十九由基であってもほしい!

九十九と虎杖を含む呪術高専の生徒達は今後どう絡んでいくのか非常に楽しみな展開になる事、間違いなしです!

個人的に九十九には絶対に敵に回って欲しくないですねぇ~。

 

呪術廻戦137話:ネタバレ・考察・予想!:目覚めた伏黒津美紀と伏黒恵は敵同士になる可能性が大?

冒頭でもお話しした通り呪術廻戦前話で偽 夏油傑(加茂憲倫)の計画により額に謎の文字を刻まれた状態で目を覚ました伏黒津美紀。

この朗報を知った伏黒恵は真っ先に義姉 伏黒津美紀の入院先である病院に駆け付ける事は間違いありません。

だがしかし義姉弟の感動の再会!

等と、そう上手く物語が描かれていくはずもなく伏黒津美紀と伏黒恵の間には、また新たな壁が立ちふさがりそうです。

更に偽 夏油は、こうも言っていました「 千人の虎杖悠仁が悪意を持って放たれたとでも思ってくれ 」と、恐らくこの言葉の意味は伏黒津美紀も例外では無いという事でしょう!

無事に伏黒津美紀と伏黒恵の2人が再会を果たしたとしても敵対してしまうのは必然的とも言えるでしょうね。

 

呪術廻戦137話:ネタバレ・考察・予想!:夏油の策略により、この世に新たに呪術師にされてしまった二人の理性は既に崩壊している?

偽 夏油傑(加茂憲倫)の「 無為転変 」の遠隔発動により新たに、この世に誕生してしまった二人の呪術師。

一人は伏黒津美紀と判明しており間違いありませんが、もう一人は一体どこの誰なのでしょうか?

ここも気になるポイントの一つではありますが、この二人は言わば偽 夏油の手のひらの上で踊らされている操り人形としか考えられません。

なので、この二人に人間としての知性や理性は全く無いと言えるでしょう!

最早、呪術師とういうのは名ばかりで本当は呪霊に最も近い存在なのではないでしょうか?

伏黒津美紀の額に刻まれていた謎の文字は彼女の人間としての知性と理性を崩壊させる為、偽 夏油により刻まれた呪いの文字かもしれません。

その一生を終える最後の最後まで生ける屍のごとく戦いを求め続けてしまうマリオネットになってしまう運命なのかもしれませんね。

 

呪術廻戦137話:ネタバレ・考察・予想!:平安時代と言えばこの人を忘れてはならない乙骨憂太の登場も近いのでは?

平安時代と言えばこの人、菅原道真の子孫であり五条悟の超遠縁の親戚の乙骨憂太。

乙骨の登場シーンは単行本0巻と4巻 第33話 京都姉妹校交流会-団体戦⓪-の見開きページでミゲルと一緒だと分かる描写のみで数に換算すると僅か二、三回と非常に少ないのですが!

偽 夏油傑(加茂憲倫)により起された今回の騒動の一件に関しては勿論、乙骨自身も把握済みだと思うので今回ばかりは帰国せざるを得ない状況だと思います。

そして今回、始まろうとしている呪術全盛平安の世には乙骨の登場は必要不可欠でしょう!

 

呪術廻戦137話:ネタバレ確定最新速報!

2021年2月5日現在、呪術廻戦137話ネタバレ確定情報を入手致しました!

今回の呪術廻戦137話では、きっと登場を心待ちにしていたファンの方も多い事でしょう。

いよいよ満を持して、ご登場の乙骨雄太!

彼なしでは今回の呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報は正直、語れません。

其れ位、彼は今回の呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報を語る上で、とても重要な外せないキーパーソンだと個人的には思いました。

また虎杖悠仁・夏油傑・五条悟や五条自身に、これまで関わってきた人達への今後について乙骨を含めた呪術総監部者達の対応や反応も今回の呪術廻戦137話には事細かに描かれています。

ここまで知ってしまうと、やはり、もっと詳しいネタバレ確定最新速報を知りたくなりますよね?

ではでは、いよいよ呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報の始まりです!

・いよいよ乙骨憂太が登場!

・呪術総監部は五条悟を呪術界永久追放した!

・夜蛾正道の死罪を認定!

・虎杖悠仁への死刑執行猶予を取り消し死刑執行!