呪術廻戦136話ネタバレ最新話ネタバレと感想!加茂憲倫の計画が完成!平安の世が甦る!

呪術廻戦 136話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦前話も目まぐるしい展開でしたね!

思いがけず脹相が仲間になったことで、虎杖たちもある意味活気が出たように思いました。

そこでこのチャンスに総攻撃を仕掛けようとするも、裏梅が立ちふさがります!

この裏梅がまた強い!!

様々な応用の効く氷の術式で一同を圧倒します。

しかし再びピンチに陥った虎杖たちを救ったのはなんと特級術師九十九由貴!

呪術廻戦の中でも1,2を争うこの急展開!果たして呪術廻戦はここからどう転ぶのか?!

この記事では『呪術廻戦136話ネタバレ最新話ネタバレと感想!加茂憲倫の計画が完成!平安の世が甦る!』と題しまして、呪術廻戦最新136話のネタバレ情報をまとめていきます!

過去の呪術廻戦エピソードから考察していきますので、ネタバレにご注意ください。

呪術廻戦最新136話のネタバレ情報は記事後半でご紹介してますので、是非チェックしてみてくださいね!

 

呪術廻戦136話ネタバレ予想&考察!

まずは呪術廻戦前話を振り返ってみましょう!

脹相は虎杖を弟と確信して体を張って守ろうと、裏梅たちを攻撃します。

虎杖たちは脹相の変化に戸惑いながらもこのチャンスを逃さず総攻撃!

しかし裏梅の術式氷凝呪法によって返り討ちにあってしまいます。

更に攻撃を畳みかけられあわやという所で九十九由貴が虎杖たちを救う!

九十九由貴とはどんな人で、これから呪術廻戦の中でどんな役割を果たしていくのでしょうか?

呪術廻戦最新136話のストーリーを考察していきます!

 

呪術廻戦136話ネタバレ考察|東堂は師匠九十九に救われる?

呪術廻戦前話で満を持して登場した九十九由貴、これまでの登場シーンは2回。

夏油と会話する過去のシーンと、東堂の記憶の中です。

九十九は東堂の師匠で、初対面で異性の好みを聞くスタイルや簡易領域などを伝授しています。

現在その東堂は真人との戦いで左手首を失ってしまい、ここ数話の呪術廻戦の中では登場していませんが、戦いの場にはいるはずです。

師匠の登場によって再び東堂にもスポットが当たると思われます。

九十九が反転術式を持っていたとしても、東堂の手首は無為転変で爆発してしまったので、今から手首が戻るとは思えません。

ただ、アドバイスや今出来ることのヒントを与えて東堂を復活させることなら出来るのではないでしょうか?

手を失った東堂に何が出来るかは分かりませんが、元々東堂は術式なしでも一級程度の呪霊なら祓うことができるという実力の持ち主です。

師匠九十九の登場によって東堂が復活し、再び戦いに参加!という流れになるでしょう!

呪術廻戦136話では東堂と九十九のやり取りに注目!

 

呪術廻戦136話ネタバレ考察|加茂憲倫と九十九由貴の関係は?

呪術廻戦前話で、九十九由貴は加茂憲倫に夏油と呼びかけています。

どこから九十九に情報が入ったかは不明ですが、中身が別人ということはまだ知らないようです。

対して加茂憲倫は九十九を見るとこれまでにない苦々しい表情で歯を食いしばるように九十九の名前を呼びます。

この反応はただ邪魔が入ったというだけにしては少しオーバーなようです。

そもそも高専の任務を受けずに海外を放浪している九十九のことを加茂はなぜひと目で分かったのでしょうか。

私は、加茂憲倫は夏油を乗っとるよりも前に九十九と会っていたと予想します!

加茂憲倫の反応からすると九十九の実力をよく分かっているからこその表情のようです。

これまで体を転々としてきたはずの加茂憲倫ですから、もしかすると九十九は、過去加茂憲倫が他の人間を乗っ取っている時に祓ったことがあるのかもしれません。

そのため加茂憲倫にとっては過去苦い思いをさせられた相手であり、実力も知っているため警戒しており、九十九は加茂憲倫の、脳を入れ替えるという術式を知らないので夏油のつもりで話しかけている。

そんな関係性だと予想します!

呪術廻戦136話では加茂憲倫の表情の理由がわかるはずです。

 

呪術廻戦136話ネタバレ考察|伝達役の意味とは?

呪術廻戦前話で、加茂憲倫は伝達役(メッセンジャー)が必要だから殺すなと裏梅を窘めていました。

それに対して虎杖1人で充分だと裏梅は答えますが、この伝達役とはどういう意味でしょうか?

そのまま考えれば加茂憲倫たちが撤退後、加茂憲倫たちの言葉を誰かに伝えるための人間ということになります。

裏梅は虎杖で充分と考えていますが、加茂憲倫は他に伝達役が必要と思っているようです。

このことから、私はメッセージが虎杖に関することだと予想します!

加茂憲倫と裏梅はあまり足並みが揃っているように見えません。

二人は利害関係でつながっているだけで、計画の最終目的は共有していないのではないでしょうか?

そして加茂憲倫が虎杖だけではメッセンジャーにならないと考えているとすれば、それは虎杖が高専に戻らないからに他なりません。

何らかの目的のために加茂憲倫は虎杖の連れ去りを狙っている。

裏梅にはそのことを知らせておらず、虎杖のことを多くの仲間に誤解させて高専に伝える伝達役にしようとしています。

それは虎杖に帰る場所を無くさせるための伝達役、という意味ではないでしょうか。

呪術廻戦136話では加茂憲倫と裏梅の会話にまた伏線のヒントがあるかもしれませんね!