呪術廻戦135話ネタバレと感想!九十九が乱入し加茂憲倫を狙う!

呪術廻戦 135話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
スポンサードリンク
Pocket

呪術廻戦前話も目まぐるしい展開でした。

真人は吸収され、奥義極の番「うずまき」が完成してしまいます!

京都勢が到着するも手も足も出ません。

そして脹相によってついに夏油の中身が加茂憲倫と判明!

加茂憲倫に襲いかかる脹相!そこに立ちふさがる裏梅!

一気にキャラクターが増え、物語はヒートアップ!

この記事では『呪術廻戦135話ネタバレと感想!九十九が乱入し加茂憲倫を狙う!と題しまして、呪術廻戦135話の展開を考察していきます!

過去の呪術廻戦エピソードから考察していきますので、ネタバレにご注意ください。

また、呪術廻戦最新135話のネタバレ情報も入りましたので、記事後半に載せています!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦135話ネタバレ予想&考察!

まずは呪術廻戦前話を振り返ってみましょう!

京都勢が到着して偽夏油に不意打ちを仕掛けますが、全ての攻撃が躱されてしまいます。

更に真人から抽出した術式で、奥義極の番うずまきによって反撃が!

辛くも躱しましたがその威力は地面を吹き飛ばして穴を開けてしまう程強力なもの。

一度でも食らえば一溜りも無いでしょう。

そこに脹相が到着し、偽夏油の正体を暴きます。

それは脹相の親の一人でもある史上最悪の呪術師加茂憲倫でした。

動揺する一同をよそに、弟である虎杖を殺させようとしたことに激怒した脹相は加茂憲倫に襲いかかります。

そこに突然現れた裏梅が立ちふさがり、脹相の「どけ!!俺はお兄ちゃんだぞ!!」のセリフで呪術廻戦前話が終了。

今回も謎がたっぷり詰まったエピソードでしたね。

虎杖は本当に脹相の弟なのか?加茂憲倫とは?史上最悪の術師の狙いとは?

呪術開戦135話ネタバレ考察していきたいと思います!

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|脹相の記憶は本物なのか?

呪術開戦前話で脹相は、虎杖を弟だと思い守るために戦っています。

前々回では、存在しない記憶に混乱していたはずの脹相が、今回虎杖は兄弟だとはっきりと確信を得ていました。

脹相の記憶は本物なのでしょうか?

これまで2度登場した存在しない記憶。

1度目は東堂が虎杖と初めて会ってすぐのこと。

東堂が虎杖を親友を認めた途端、虎杖と同じ中学に通っていたという記憶が東堂の頭に現れました。

そして2度目が脹相と虎杖の戦闘中。

虎杖を追い詰めた脹相の脳内に、虎杖が弟だという記憶が溢れ出しました。

脹相の記憶は弟の血塗・壊相と虎杖と、他の6体の呪胎九相図と一緒にテーブルを囲んで食事をする記憶です。

この記憶には矛盾点が2点。

  • 呪胎九相図の数
  • 虎杖の目の下の線

まず虎杖が兄弟だとすれば、呪胎九相図のひとつということになります。

ということはテーブルに乗った呪胎九相図は5体でなければなりません。

記憶の通りなら、脹相たちを入れた総数が10になってしまうためです。

そして2つ目に、虎杖の目の下の線。

これは宿難の目が出る時の瞼で、宿難受肉以前の虎杖には何もありませんでした。

ですが記憶の中の虎杖には線がしっかりと入っています。

これは東堂の記憶でも同じく、中学の記憶であれば虎杖に宿難の瞼が入っているはずがありません。

よって、存在しない記憶は文字通り存在せず、記憶は偽物だと思います!

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|加茂憲倫の”らしいこと”とは何か?

加茂憲倫は虎杖に呪霊操術や極の番うずまきについて語り、突然「急にらしいことをしてしまった」と笑います。

このらしいこと、とは何でしょうか?

加茂憲倫がしていたことは、虎杖に物を教えて説明する行動です。

これが”らしいこと”になる立場とは色々ありますが、私は親らしいという意味だと思います。

脹相の記憶が偽物であることは先程述べましたが、だからといって虎杖と加茂憲倫が無関係という証明にはなりません。

加茂憲倫と虎杖の親子関係を示す場面はもう一つあります。

前々回の加茂憲倫の言葉です。

虎杖を攻撃してまだ動けることに感心し「さすが宿難の器、我ながらタフだね」と自賛したのです。

加茂憲倫が親だとするならこの言葉の意味が通りますよね。

よって、加茂憲倫の言う”らしいこと”とは父親らしいことという意味だと予想します。

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|150年を越える加茂憲倫の命の仕組みとは?

加茂憲倫は現在少なくとも150年以上生きているようです。

150年という年数も衝撃ですが、加茂憲倫も乗っ取った姿ということは、本当の年齢は更に上のはずです。

加茂憲倫はどうやって命を永らえているのでしょうか?

今確認できている加茂憲倫の能力は他人の体に自分の脳を入れて相手を乗っ取ることです。

体を乗り換えられるとはいえ、入れ替える脳は老いるはずですから不老不死にはなれません。

加茂憲倫は脳の劣化を止める必要があります。

その方法として考えられるのは、裏梅と加茂憲倫がお互いの術式で命を引き伸ばしてきたという説です。

裏梅は宿難と面識のある1000年前の人物。

しかし宿難は裏梅が登場した際始めはその姿が分かりませんでした。

これは裏梅の姿が1000年前とは異なっていたからでしょう。

姿が変わるという点は加茂憲倫と共通しています。

加茂憲倫は額の縫い目が丸見えになっていますが、裏梅は前髪の下に縫い目を隠しているのではないでしょうか。

裏梅の術式はまだ分かりませんが、新田新のように術をかけた対象の悪化を止めるような使い方が出来る能力だと思います。

つまり、加茂憲倫と裏梅は二人とも1000年前の人物で、お互いに術を掛け合うことで生きることができた。

裏梅の能力で二人の脳の劣化を防ぎ、加茂憲倫の能力で他人の体を次々乗り換える。

これが加茂憲倫が寿命を超えて生きる仕組みだと思います。

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|渋谷事変終盤!加茂憲倫の狙いは?

この渋谷事変での加茂憲倫の最終的な狙いは何でしょうか?

呪術廻戦前話は、加茂憲倫を襲う脹相を裏梅が止める場面で終わりました。

その時裏梅は「これ以上待たせるな」と発言しています。

裏梅の望みは宿難の復活ですから、加茂憲倫の邪魔をすると宿難の復活が遅れるという意味ですよね。

加茂憲倫が宿難を復活させようとしているのなら、狙いは虎杖を連れて撤退することではないでしょうか。

虎杖は五条の封印によって追い詰められ、死刑の可能性が高くなっています。

加えて宿難の大量虐殺によって虎杖自身も不安定な状態です。

加茂憲倫は、虎杖に居場所を無くさせるために今回の渋谷事変を起こしたのではないでしょうか。

虎杖に帰る場所が無いことを説き、自分が親であることを明かして虎杖が自分から着いてくるように誘導する。

虎杖からしても、加茂憲倫に着いていけば五条を取り戻す機会があると考えるかもしれません。

高専に戻っても出来ることが無いのなら加茂憲倫の提案に乗ってしまう、というのは虎杖の性格上十分ありえる展開です。

よって、加茂憲倫の狙いは、宿難復活のために虎杖を連れて行くことだと予想します!

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|五条を救うのは誰?

まだまだ先になりそうな五条の救出!これを成し遂げるのは誰でしょうか?

今の段階では高専に加茂憲倫と渡り合える術師はいそうにありません。

能力的な候補としては特級術師である九十九由貴乙骨憂太でしょうか。

ただこの二人の所在は国外、または不明なため五条封印の知らせが届いているかすらわかりません。

また、九十九に関しては五条の封印にどのように動くかもわからないため、可能性は低いと思います。

そこで私の本命は、高専1年の3人です。

五条の封印されるシーンに重要な伏線が入っていました!

獄門彊に封印され、内側からは何も出来ないと悟った五条は1年3人を思い浮かべて「期待してるよ皆」と呼びかけます。

これが伏線なら、五条を救い出すのは虎杖・伏黒・釘崎の3人です。

よって彼らが今後力をつけて五条を救うことになると予想します!

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|五条が殺される可能性はある?

今回、ついに敵の手に渡ってしまった五条が殺される可能性はあるでしょうか?

獄門彊に封印されている内はある意味安全だと思います。

加茂憲倫自身も以前五条を殺すことは出来ないとはっきり述べていました。

殺す手段が無いために選んだ手段が獄門彊でしたよね。

加茂憲倫には五条を殺す方法も動機もありません。

ただし、物語全体としては別です。

以前作者は呪術廻戦の今後についてインタビューされ、最終回について話していました。

まだ最終回ははっきりとは決まっていないそうですが、五条・虎杖・伏黒・釘崎の内一人だけが死ぬか、一人以外全員死ぬかのどちらかだといいます。

一人だけの場合は十分生存の可能性がありますが、一人以外全員の場合恐らく生き残るのは主人公の虎杖でしょう。

よって、五条死亡の可能性は五分五分といった所でしょうか。

ファンは覚悟しておく必要があるかもしれません。

 

【呪術廻戦135話】ネタバレ確定速報!

1月15日現在、呪術廻戦135話のネタバレ確定情報の一部が入りました!

  • 脹相お兄ちゃんを遂行!
  • 裏梅の霜凪で凍結!
  • 虎杖が脹相を救う!
  • 九十九由貴参戦!加茂憲倫に迫る!

 

【135話】呪術廻戦ネタバレ確定最新速報|脹相お兄ちゃんを遂行!

脹相は死んでいった弟たちを思い浮かべました。

血塗・壊相たちの時もそうだったように、脹相は術式の影響で、血の繋がった兄弟たちの異変は離れていようと感じ取ることができるようです。

死とは生物にとって最後にして最大の異変。

その死を脹相は虎杖を殺そうとした瞬間に強烈に感じ取ったというのです。

それが脹相にとって虎杖を弟と考えた理由でした。

加茂憲倫が体を転々として生きながらえているなら何もありえない話じゃない、そう考えた脹相は決意しました。

全力でお兄ちゃんを遂行する!!

 

【135話】呪術廻戦ネタバレ確定最新速報|裏梅の霜凪で凍結!

脹相は裏梅を、赤血操術で攻撃!

加茂は自分と同じ術式を使う脹相に驚き、自分を上回る精度の高い攻撃に目を奪われます。

穿血の槍を受け止めた裏梅は大きく後退し、脹相は更にそのまま加茂憲倫も狙って血の刃で薙ぎ払おうとしました。

加茂憲倫がバカにしたような顔で無茶するなよ疲れてるだろと脹相に話しかけます。

しかし脹相は、そんなことは弟の前で命を張らない理由にはならないと一蹴しました。

そんな脹相の姿を見てパンダと虎杖は困惑。

パンダが念の為虎杖に脹相と他人であることを確認しますが、虎杖は他人どころか一度殺されかけてることを話します。

とはいえこれはチャンスです。

まだ核が2つ残っているパンダを先頭に、全員で総攻撃を仕掛けて獄門疆を狙います。

その攻撃が届くより前に全員に寒気が。

それは裏梅の氷凝呪法でした。

手の平を吹いて靄のようなものを吹きかける術、霜凪!

術師側も脹相もまとめて氷結し、地面に縫い止められてしまいます。

加茂憲倫が伝達役が必要だから殺すなと軽く窘め、裏梅はそれを聞いて脹相の元へ。

下手に動けば体が割れる状態で、脹相の眼前に裏梅の指が突きつけられました。

その指先は氷で鋭く尖っています。

 

【135話】呪術廻戦ネタバレ確定最新速報|虎杖が脹相を救う!

脹相のピンチを今度は虎杖が救いました。

両足で脹相を縛る氷を砕き術を解きます。

虎杖だけが氷結が甘く、宿難の器を裏梅は縛ることが出来なかったようです。

脹相に並びながら、虎杖は手短に味方かどうか確認を取りますが、即座に「違う!!」と否定されました。

俺はお兄ちゃんだと真面目な顔で虎杖に返します。

虎杖はキレ気味にツッコミを入れますが、なおもお兄ちゃんと呼ぶように脹相が真顔で迫る。

そこに西宮が箒で降りてきました。

西宮は付喪操術、鎌異断で裏梅と加茂憲倫に箒で斬撃を飛ばします。

しかしそれも素手で難なく受け流されてしまいました。

西宮はそれを悔しそうに見ながら虎杖の横に着地。

今動けるのは西宮と虎杖だけです。

西宮は歌姫の準備ができるまで時間を稼ぐよう虎杖に言います。

 

【135話】呪術廻戦ネタバレ確定最新速報|九十九由貴参戦!加茂憲倫に迫る!

裏梅は痺れを切らし、伝達役など虎杖1人で事足りると言って再度攻撃。

地面から氷の塊を半円状に連なって生やし、その氷塊が西宮・虎杖・脹相に飛んでいきます。

氷凝呪法、直瀑

3人が後ろに吹き飛ばされると氷に囲まれ、上からは氷の刃で出来た天井が迫る。

まさに絶体絶命のその瞬間、氷が一気に切り裂かれて3人の周囲が明るくなりただキラキラと光る氷の塊に囲まれている状態に。

3人を救ったのは九十九由貴でした。

突然現れた九十九由貴は加茂憲倫に「久しぶりだね夏油くん」と呼びかけます。

あの時の答え聞かせてもらおうか
どんな女がタイプだい?

ウィンクをしてそう問いかけた九十九に、加茂憲倫は歪んだ笑みを浮かべながらも目はギラギラと九十九を睨み据えて、九十九の名前を叫びました。

ここで135話は終了です!

次話への煽りは「形勢乱す特級術師、現る!!」

九十九が味方として現れてくれたことに感謝ですね!

苦々しげな表情を浮かべている所を見ると、加茂憲倫は九十九と因縁でもあるのでしょうか?

次回の呪術廻戦もお楽しみに!

≫呪術廻戦136話ネタバレ最新話確定速報!

 

スポンサードリンク

【最新135話】呪術廻戦ネタバレまとめ

この記事では「呪術廻戦135話ネタバレと感想!!九十九が乱入し加茂憲倫を狙う!」と題して最新135話について考察してみました。

いかがでしたでしょうか?

脹相と虎杖の謎は明らかになりませんでしたが、一応虎杖は脹相を味方と認めて肩を並べることになりました。

どうしてもお兄ちゃんと呼ばせたい脹相と、思わずツッコんでしまう虎杖というコミカルなシーンも見られて、少しほっとする回でしたね!

九十九由貴の乱入によって更に先が読めなくなってきました!

続きが楽しみですね!

『呪術廻戦135話ネタバレと感想!!九十九が乱入し加茂憲倫を狙う!はここまでで終了!

次回の呪術廻戦もお楽しみに!

スポンサードリンク