呪術廻戦 120話ネタバレ最新話確定速報!絶望の虎杖が向かった先は?

呪術廻戦 120話 ネタバレ 最新話 確定 速報 絶望 虎杖 向かった先
Pocket

【呪術廻戦 120話ネタバレ最新話確定速報!絶望の虎杖が向かった先は?】

2020年9月4日(金)120話「渋谷事変㊳」のネタバレが確定しましたので、速報を追記します。

この記事では漫画『呪術廻戦』のネタバレをすべてまとめています!

2020年9月7日(月)発売予定の週刊少年ジャンプで、漫画『呪術廻戦』最新話120話が掲載されますね。

ではでは、120話のネタバレ予想&考察を始める前に、これまでのお話は・・・

ついに宿儺様本気モードの「伏魔御廚子」展開。

そして、その中で行われる2種の斬撃を使用した調理工程そして”逃げ道を残すという縛り”をおくことでさらに広い範囲での必中効果を可能にしている。という説明・・・

そこからの魔虚羅への怒涛の斬撃の雨あられ。

ついに魔虚羅との戦いに終止符が打たれました。

静かに始まったと思ったら、一気に畳みかけるスピードで描かれた伏魔御廚子内での魔虚羅への攻撃は、こちらまで領域内にいるかと思わせるような引き込み感がありました。

さらに私が待ち望んだポニテ君の、死んだことも気づかないほどの瞬殺という最期が見られました♪

伏黒をいじめた割には、あっけなさすぎるとちょっと不満でしたが、時間が経つにつれ理解しました。

ヒール役を一手に引き受け、さらに消える間際にしかその素性が明かされず、何の言葉も残すことも許されない・・・

うん。これは、ボッコボコにするよりヒドイ仕打ちだったのかもしれません。

終盤では宿儺様から虎枝に身体が移ったのかな?でしたが、意味深な表情でしたね。

という事で、またまた勝手に「呪術廻戦 120話ネタバレ最新話確定速報!絶望の虎杖が向かった先は?」と題して、確定速報をお届けしていきたいと思います♪

呪術廻戦120話ネタバレ予想&考察!

前話では、神とも称された魔虚羅相手に圧倒的な強さを見せつけてくれた宿儺様。

もう「呪術廻戦」は宿儺様が主人公なんじゃ?な回が続いていますね。

終盤でひさびさ虎枝の顔が見れましたが、なんだか悲しそうな表情でした。

次話では、この表情がポイントになってくるのかなぁ?

なんて思いながら、ここから「呪術廻戦 120話ネタバレ確定最新考察!姿を消した虎枝が全国指名手配?」を、私の勝手な妄想から予想&考察をしていきたいと思います。

 

呪術廻戦120話ネタバレ予想&考察|家入さん、真希さんたちの元へ

前話の最後で、やっと家入さんたちに見つけてもらえた伏黒。

瀕死状態のところを宿儺の優しい手当てで一命は取り止めていたものの、目を覚ますまでには至っていませんでした。

なので、危険な状態には変わりないはずなので、家入さんたちは今の状況を確認するためにも、しゃべれる程度にはその場で回復させるんだろうと思います。

目を覚ました伏黒は、自分を殺すはずだった魔虚羅がいなくなっていることにまず戸惑うとは思いますが、目の前の家入りをみて真希さんたちの事を思い出して、救護を求めるでしょう。

とここで、やっと真希さんたちが発見され、安否確認が行われる流れになるのではないかと・・・

真希さんたちは大丈夫でしょうか?

真希さんと七海んは、上半身だけに炎の攻撃を受けていたので、きっと大丈夫だろうと思っていたんですが…

ツイッター上では「真希さんだけが倒れている」「呪力のない真希さんはもう駄目だろう」などなど、真希さん死亡説が結構あって、ちょっと心配になってきました・・・(>_<)

パパ黒の呪具の扱いを見て驚いていた真希さんは、これから呪具使いとして超一級の呪術師になっていくんだろうなぁ~、と勝手に期待していたので、ここで消えて欲しくないです!

でも、あんなにみんなの人気者になっていた漏瑚さんも一瞬で消されてしまうのが「呪術廻戦」

構内で倒れた3人のうち、誰が消えてもおかしくはないですよね。というか覚悟するべきかもです・・・

どちらにせよ、今回3人の安否確認がされることは間違いないと思われます。

 

呪術廻戦120話ネタバレ予想&考察| 虎枝プチ家出する?

前話の終わりのシーンでは、宿儺様から虎枝に変わっていたように思えました。きっと虎枝でしたよね?

その表情はなんだか悲しそうでした・・・

瀕死の状態からのチェンジだったで、今回の宿儺様タイムは虎枝に意識はなく、記憶も残っていないんだろうと思っていたんですが、どうやらわかっているようですね(T_T)

自分を助けてくれた伏黒のためにも「誰も殺さない」は守りたかったんだと思います。

契約はあるものの、今回の様に強制的に入れ替わった場合は自分の力が及ばないかも…と不安になった虎枝は、みんなの傍から離れようと、姿をくらませてしまうかもです。

伏黒は今までそばに居たことは知りませんから、すぐには探さないでしょう。

学長も虎枝の姿を見たものの、目の前の伏黒、そして伏黒の口から伝えられるであろう真希さんたちのことで手がいっぱいとなり、虎枝を探そうとはしないと思われます。

強制的に10本の指を呑まされた事も誰も気づいていないので、その事を危険視して自ら身を隠してしまう可能性はあると思います。

なんだか切ないですが・・・

 

呪術廻戦120話ネタバレ予想&考察|裏梅は味方?

皆さん知ってました?

私は今回たまたま知ったんですが「虎枝」って花があるんですねぇ。

これまた花言葉が「回復」・「傷を癒す」とのこと。

ここから気になって、虎枝の身近な人物を調べてみると「伏黒」も植物なんです。

そして「宿儺」も、こちらは神話の登場人物名ではあるんですが、飛騨地方では”悪いものを追い払う”として、食べ物の名前に付けられていたんです♪

て、何が言いたいかわかっちゃいました?

そうです!鳥山明方式で、仲間の名前はカテゴリーで分けられているのでは?説です。

虎枝と伏黒が同じ側にいるのなら、植物由来の名前の人物は「いい人」「害はない人」と、今のところ分類できるのではないでしょうか?

宿儺様が”自由になった後”と言っているので、今後が心配ではありますが、今のところ伏黒君を治してくれたり、虎枝の気持ちも尊重してくれたり、十分「いい人」だろうと思います。

ということで「裏梅」さん!

ハイ、来ました。わかりやすく植物に由来する名前ですね♪

ということで、今のところ裏梅は”宿儺様が大好き”ってだけで、宿儺様が喜ぶことをしたいだけ。

誰かを傷つけるつもりはない!という立場だと思っていいのではないでしょうか?

そして今、傷心の虎枝がみんなとの距離をとったなら、裏梅は虎枝の中の宿儺様をお助けするつもりで、虎枝の傍にいてくれるかもしれませんね。

姿を見せるかは微妙ですが、少しでも虎枝を支えてくれる存在になってくれたらなぁ...と願っています。

≫宿儺の術式は分割なのか考察!

 

呪術廻戦120話ネタバレ予想&考察|宿儺の伏魔御廚子はキッチン?

今回の始まり、斬撃の説明時に描かれたイラストは”料理包丁”に見えませんでしたか?

さらにちょいちょい調理用語「三枚おろし」「味見」「実食」などなど出てきています。

そして魔虚羅に浴びせられた無数の斬撃も、両手に包丁を持ってやるみじん切りとも見れませんか?

これって・・・怖いレストランですか?

領域内(レストラン)に入ったら、宿儺の質問に答えられなければ、料理されちゃう・・・( ゚Д゚)!

そういえば、バックに描かれる伏魔御廚子には骨がいっぱい・・・

みんな料理されちゃったのでは・・・

宿儺様火も扱いますしね。

やっつけた魔虚羅の舵の部分もドロッと溶けて、よく煮込んだスープみたいな・・・って、こじつけが過ぎました(*ノωノ)スミマセン

私と同じ考えの人が結構いるらしく、コラ画像もちらほら見受けられました♪

「宿儺キッチン」で探してみてくださいね(^^♪