ヒロアカ297話ネタバレ!最高警備拘置所タルタロス襲撃!オールフォーワン本体と死柄木がついに対面!

ヒロアカ ネタバレ 297話 最新話 考察 確定
スポンサードリンク
Pocket

この記事では漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』の最新297話ネタバレをすべてまとめています!

ヒロアカ前話は、予想外に粛々と戦争終結を物語る進行です。

デクは死柄木の苦しみを見てしまいながらも、逃がしてしまうのでした。

ネタバレ確定情報によると、キャラの会話がほとんどなく、ナレーションのみの俯瞰視点で進んでいく感じが作者の挑戦を感じます。

無感情で物語は進んでいく様子が、よりプロヒーロー達の無力感を際立たせました。

様々な問題提起を残して、一旦戦争は終結し残された瓦礫と負傷者のあと処理を進めるところが妙にリアルで大きな節目のよう。

そして戦地以外の国民は変わりない日常を過ごし、情報だけが独り歩きして、戦地とのギャップを感じずにはいられません。

297話はさらに追い打ちをかけるように、死柄木は個性社会の最高警備特殊拘置所「タルタロス」に収容されているオールフォーワン本体の奪還に挑みます。

それでは、『ヒロアカ297話ネタバレ!最高警備拘置所タルタロス襲撃!オールフォーワン本体と死柄木がついに対面!』と題して最新話のネタバレ速報をお届けしていきましょう!

ヒロアカ最新297話ネタバレ確定情報は分かり次第こちらでご紹介していきます!

最近では漫画を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)の漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

ヒロアカ ネタバレ

U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いためONE PIECEを存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメや公開されたばかりの映画だって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

 

Contents

ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)ネタバレ最新話297話考察!

ヒロアカ前話では、ネタバレ情報によると死柄木は少数の脳無と共に撤退し、負傷したヴィランメンバーは無情に置き去りにし、複数の脳無を残していきました。

オールフォーワンは自分を守るためなら仲間を救うことを一切考えないところが、彼はブレません。

ヒロアカ前話のおさらいは

  • 脳無とスピナー、荼毘、その他のメンバーと撤退する死柄木
  • リ・デストロ逮捕で超常解放戦線を解体
  • 市街地で救助活動に奔走するお茶子はヒーローに対して無気力を感じてしまう
  • ミッドナイトとその他大勢のプロヒーローの死

正直、ここで戦争終結?というくらいいろんな謎を残して終わった戦いでした。

燈矢のエンデヴァーへの復讐はどうなったのか?

デクの新しい個性「危機感知」は?

死柄木自身の安否は?

グラントリノやイレイザーヘッドはどうなった?

考察すべきポイントが多すぎます!

それではヒロアカ297話ネタバレ考察行ってみましょう!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|プロヒーロー反対論が社会に横行し始める?

ヒロアカ前話で、死柄木がオールフォーワンに乗っ取られ逃げてしまったので、事実上ヒーロー陣営の負けとなりました。

そして、戦地と関係なかった市民たちは、燈矢の放送を見て憶測と噂話を交わすようになってしまいました。

荼毘が悪者であることは変わりないのですが、エンデヴァーに対する憶測は独り歩きしています。

また、結果的にヒーロー敗北により、ヴィラン連合の強さを示す形となってしまった今回の戦いで、ヒーロー社会に震撼が走ったことは間違いありません。

燈矢の狙い通り世論は動き、ステインの意思が今一度注目されるのでしょうか?

それとも、プロヒーローという概念自体を覆す社会となるのでしょうか?

ヒロアカ297話では、社会は動き出す?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|死柄木はオールフォーワンに乗っ取られる?

ヒロアカ前話でオールフォーワンとして目覚めた死柄木。

しかし、デクはかすかに残る死柄木の苦しみを見落としませんでした。

大切な若い死柄木の肉体を守るため、脳無を電波で動かし撤退するオールフォーワン。

死柄木の意思としては、デクのワンフォーオールをあの場で何としても奪いたかったのですが、その思いは叶わなかったのです。

はたして死柄木は完全に消えてしまったのでしょうか?

それとも、以前の死柄木とオールフォーワンとの関係のように主導権が変わっただけで死柄木は存在しているのでしょうか?

または、睡眠状態のようにどこか奥深く眠らされてしまったのでしょうか?

複数の意識が混在する状態がどんな頭の中になるのか、全く想像できませんが、ヒロアカ297話以降での死柄木の存在が気になります!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|壊理の「巻き戻し」個性が大活躍?

ヒロアカ前話にて、この戦いではミッドナイトを始め、たくさんのプロヒーローが犠牲になったことが報じられました。

とりあえず危ないのはグラントリノと足を切り落としたイレイザーヘッド

ミリオの件で壊理が個性を使いこなせることをイレイザーヘッドは知っていたはずなので、足切らなくてもよかったのでは?と今更ながら思うのは筆者だけ?(笑)

生きてさえいれば全ての時間が巻き戻せるとしたら、グラントリノもイレイザーヘッドも復活できるのではないでしょうか?

のみならず、現在負傷で動けないデクに対しても、あと数回ワンフォーオールを使ったら終わりと言われていた腕でさえ回数が戻せるのではないでしょうか?

壊理の個性は、使い方によっては不老不死さえも実現できてしまう超最強の個性です。

なんと末恐ろしい子供なのでしょう。

ヒロアカ297話で壊理は大忙しかもしれません!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|Mr.コンプレスは生きている?

ヒロアカ前話ネタバレ情報によると、Mr.コンプレスとギガントマキアは逮捕されました。

Mr.コンプレスは重傷でしたが、今のところ生きております。

このまま生き残ることはできるのでしょうか?

情報を引き出すには、生存確保が必要かと思いますが、肉体を削り取ったほどの重傷を治すことはできるのでしょうか?

ここでも壊理の個性が活躍されるのではないでしょうか?

壊理の個性の恐ろしさを今更ながら感じずにはいられません。

しかし、身を削すこともしでかしてしまうMr.コンプレスを拘束監禁することなどできるのでしょうか?

ヒロアカ297話でヴィランのその後も明かされる?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|お茶子がプロヒーローを諦める?

ヒロアカ前話のネタバレ情報によると、必死に救助活動に奔走していたお茶子は一人のヒーローの絶望感を目撃してしまいます。

繁栄していた街が瞬時にして崩壊し、救っても救ってもキリがない負傷者。

皆を助けるという強い思いだけで動いていたお茶子です、その一人の姿を見てしまい緊張の糸が切れてしまったようでした。

だれでも大きすぎる災害の前に立ってしまうと、自分一人の力の小ささに気づいてしまうこともあるでしょう。

お茶子もこのヒーローのように、全ては無駄なのではないか・・・と猛烈な無力感に飲み込まれてしまうのでしょうか?

それとも、みんな頑張っているんだ!とデク達のことを思い出し、楚のヒーローを励ますのでしょうか?

梅雨ちゃんの優しさや温かさが鍵になるように思います。

ヒロアカ297話ではお茶子は何を思う?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|トガヒミコはヴィラン連合を脱退する?

ヒロアカ前話ネタバレ情報によると、トガヒミコ逃走のニュースが入っていました。

お茶子に戦いを挑んで、やってきたギガントマキアに引っ付いてヴィラン連合と合流したはずのトガヒミコでしたが、病院には行かなかったようですね。

トガヒミコは一体どこにいったのでしょう。

デクへの想いを確認したはずのトガヒミコですが、デクがいる病院での戦いには間に合わなかった?

どこまでもデクを追うつもりでまた学園に向かったのでしょうか?

トゥワイスやMr.コンプレスの居ないヴィランやオールフォーワンには興味がないのでしょうか?

歪んではいますが、仲間に対する思いはあるとろこを見せるトガヒミコは、自分さえよければいい考え方のオールフォーワンについていくことができるのかは疑問。

どちらかと言うと、愛されたいかまってちゃんです。

オールフォーワンと上手くいく気がしません。

ヒロアカ297話でトガヒミコの動きが明らかに?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|4代目ワンフォーオール個性「危機感知」とは?

ヒロアカ前話によると、デクの意識の中に新しいワンフォーオールの個性「危機感知」が目覚めました。

意識の中で4代目のものと分かるのがすごいですね。

まだこの個性は謎ばかり。

起きてと呼びかける声そのもののことでしょうか?

それとも、数秒先を予知的なことができるようになるのでしょうか?

デク本人にまつわる危機についてだけなのか、周囲の人についても聞こえる?

意識が飛ぶほどエネルギーを消費する個性の力とは気になります!

また4代目につていはワンフォーオールのノートでも語られましたが、謎が多い人物です。

訓練してる場合ではないので、なんとかヒロアカ297話で使いこなして欲しい!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|オールフォーワンは脳無以外不要?

ヒロアカ前話で、私のためにと連呼するオールフォーワン。

「皆は一人のために」であって「皆は私のために」では嫌われそうです(笑)

劣勢になったヴィラン連合メンバーが必死に繋いで死柄木を取り戻り、何とか目覚めさせたのに、オールフォーワンはあっさり現在動けないヴィランを切り捨てました。

部下の補充はいくらでもできるという思考なのでしょうか?

それともある程度強靭で、自分の思い通りに動く兵隊人形しか要らないのでしょうか?

それには脳無がうってつけです。

ヒロアカネタバレ情報によると、けっこうな数の脳無が居ます。

もし、そいつらだけでいいと思っていたら、ヴィランメンバーはショックですね。

ヒロアカ297話でのワンフォーオールの自己中思考っぷりを期待します!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|スピナーはオールフォーワンを裏切る?

ヒロアカ前話で、死柄木を起こしたスピナーですが、目覚めたのはオールフォーワンでした。

起こさねば敗北決定だったのでしょうが、スピナーには想定外?

死柄木を慕っていたスピナーには大変ショックな事態ではないでしょうか?

あまり、他人に心許す気配が無さそうな死柄木ですが、スピナーとちょっと打ち解けたように話しているシーンがありました。

引きこもりの過去がある彼は、心に孤独を抱える死柄木と重なるものがあったのかもしれません。

やや感化されやすそうなスピナーの目の前で、オールフォーワンは仲間のMr.コンプレス、ギガントマキア、トガをいとも簡単に切り捨ててしまったのです。

仲間意識の強そうなスピナーは納得できていない様子。

オールフォーワンに対する不満と疑問が一気に膨らむことはないでしょうか?

ヒロアカ297話でヴィラン連合の動きにも注目です。

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|デクは最後に死柄木を救う?

ヒロアカ前話でデクは一瞬苦しむ死柄木を見てしまいました。

そんな表情を見てしまった心優しいデクが、ほっとけるわけありません。

しかし、よく今の死柄木がオールフォーワンだとかあの遠目で見分けることができますね。

人を殺したり傷つけているのは死柄木もしていることなので、苦しんでいるからと言って罪が消えるとは思えないのですが、救いを求める人をデクはほっとけないのでしょう。

ヒーロー仲間たちに死柄木を助けたいとか言ってしまうのではないでしょうか?

死柄木とオールフォーワンは共生状態にあるので、オールフォーワンだけ消滅させることができるのかは不明ですが、デクの中のワンフォーオールと相談するのでしょうか?

どちらにしても、打倒オールフォーワンは必須条件になりました。

ヒロアカ297話ではデクが葛藤しそうです。

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|Mr.コンプレス:張間謳児から受け継ぐ使命とは?

ヒロアカ前話で、Mr.コンプレスは稀代の盗人張間謳児の孫の孫と明かされました。

よく4代も前の人のこと知ってますよね(笑)

張間謳児のこと覚えてましたか?

「ジェントルとラブラバ」の回で超大物ヴィランとして一瞬名前だけ出てきたヴィランです。

彼は現在では、ヴィランとしてだけ名前が残ってしまったのでしょうか?

ネタバレ情報によるとMr.コンプレスはヒロアカ前話で、張間謳児は、世直しをしようとした義賊だと言います。

その事実は、どこまで民衆に残っているのかは不明ですが、張間の世直しは恐らく道半ばにして終わったのでしょう。

張間は単にヒーロー社会の否定をしたのではなく、ヒーローもどきを排除して、真のヒーローが活躍する世界を作ろうとしていたのではないでしょうか?

ヒロアカ297話で、Mr.コンプレスの使命が明かされる?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|「世直し」を謀る張間の理由とは?

ヒロアカ前話で正体を明かしたMr.コンプレス。

今までのルックスや飄々とした言動とは反して、かなり強い使命感を抱えていたようです。

ヴィランにはヴィランたる理由があるのですね・・・

ネタバレ情報によると、現行制度が整備され始めた時代の「現行制度」とはヒーローが職業として成り立ち始めた時代のことでしょう。

ヒーローの定義づけができていなかったのか、個性を生かして人助けをして報酬を得られ始めたときは、まだ世の中は混乱していたのではないでしょうか?

そんな時代、もしかしたら張間は自称ヒーローの人助けにおいて、大きな差別を受けたのではないでしょうか?

張間が世直しするほどショックを受けた出来事とは

  • 当時張間家は貧しく、報酬が多かった富裕層が優先的に救われていた
  • 信じていたヒーローがヴィランから金品を受け取りわざと逃がしていた

いずれかの理由により、大切な家族が命を落としてしまい、世の中に怒りを覚えた張間は「世直し」を始めたのではないでしょうか?

ヒロアカ297話で張間家に伝わる逸話に触れるかも!?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|実は張間謳児はヒーローもどきに殺されていた?

ヒロアカ前話で、張間の子孫のMr.コンプレスには使命がある判明。

稀代の盗人張間謳児は私腹を肥やすヒーローもどきを狙い、盗んだ金品は市井にばらまいていました。

なかなかの風刺的方法です。

張間謳児は、報酬のために人助けをする意識の低いヒーローや、自分より能力の低い弱いものがヒーローとしてはびこる世の中が許せなかったのではないでしょうか?

では、なぜその「世直し」はとん挫し、大物ヴィランと言われるようになってしまったのでしょうか?

国家がヒーロー社会を完成させるために、軍に殺されてしまった?

または捕まり、死刑となったのでしょうか?

どちらにしろ張間謳児の「世直し」に反対する誰かに殺されてしまったのではないでしょうか?

その思いをMr.コンプレスが代々受け継いできたのか、あるいはたまたま知ってしまったのか?

ヒロアカ297話で張間家の因縁の話になる?

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|爆轟のヒーローネーム「大爆殺神ダイナマイト」は却下される?

ヒロアカ前話で突如発表された爆轟のヒーローネーム!

「大爆殺神ダイナマイト」とは思いきりましたね。

なかなかのセンスです(笑)

ベストジーニストもねじれちゃんもヴィラン達も、え?という感じでしたが、ミリオだけは笑っていました。

世界のへの願いが見えた時に決めろというベストジーニストでしたが、彼にはあまり響いてなさそう。

ミリオだけ笑いと笑顔が、世界中の悲劇とバランスが取れると言って受け入れてました。

でも、長いから・・・

イレイザーヘッドやミッドナイトから却下!と言われるのではないでしょうか?

この戦いが終わった時に分かるかもしれませんね。

ヒロアカ297話で爆轟がなんと呼ばれるか気になります!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|バーニンを救ったヒーローは誰?

ヒロアカ前話ネタバレ情報によると、別場所でも脳無とヒーローのバトルが勃発していました。

ヒーローは半数以上を失いながらも、脳無たち半分は倒せているようです。

エンデヴァーのサイドキック:バーニンががんばっています!

4人の脳無が死柄木の元へ向かったときバーニンがあとを追おうとしました。

そのバーニンに後ろから襲い掛かってきた脳無を、だれかが殴り付けやっつけました。

普通にルミリオンだったのでしょうか?

ヒロアカ297話が気になります!




 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|脳無が戦いながら進化している?

ヒロアカ前話のネタバレ情報によると、脳無がヒーロー軍を襲います。

バーニンと戦っていた脳無たちは意思の疎通をしているようでした。

その様子にバーニンも気づいているようです。

脳無は自立思考はできないが、力が強いことが特徴。

なのに集団で行動をみせました。

ヒロアカ前話でオールフォーワンは、電波を使えば脳無たちを操れると言っていましたがこの時まだ死柄木は意識がなかったはず。

戦いながら脳無たちは進化していったのでしょうか?

それとも、低くても知能のある脳無を完成させていたのでしょうか?

そうなると、またヴィラン連合の戦闘力が上がりそうで、少し怖いですね!

ヒロアカ297話の展開が気になります!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|ホークスはどうやってベストジーニストの死体を演出した?

ヒロアカ前話でかっこよく登場したベストジーニスト。

荼毘の映像でもありましたが、ホークスに襲撃されて、ベストジーニストの死体と見られそうなものを荼毘は受け取るシーンがありました。

ネタバレ考察でもベスト―ジーニスト死亡説が上がりましたが、ヒロアカ前話での通り生きてます。

では、襲撃に行ったシーンのとき、ホークスとベストジーニストはベストジーニスト殺害演出を打合せしていたのでしょうか?

失踪中に彼には何か特別任務が課せられていたのでは?

そして、荼毘に渡したこの死体のようなものの正体は何なのでしょうか?

  • 誰かの能力
  • そっくりな人形
  • 別人の死体

この時、二人の間に何があったのか、ヒロアカ297話で明かされるのが楽しみです!

≫荼毘がエンデヴァーの息子

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|燈矢の髪色に個性の謎がある?

ヒロアカ前話では、幼い燈矢はトレーニング中に一部だけ髪色が変わっていました。

冷と同じ白で、燈矢自身はじじぃになった!とふざけていましたが、これはもしかして冷の氷の個性も併せ持っていたことを意味していたのではないでしょうか?

実はまだ個性が眠っていただけ、または表には出なかったけど体内で無自覚に体を冷やしていたと予想します。

または、訓練次第では、氷も炎もどちらも操れたかもしれません。

そう、エンデヴァーの願いは、実は叶っていたのです!

だとしたら、こんなに悲しい事実はありませんね・・・

山火事の話のときの燈矢は、髪が真っ白に描かれていました。

ヒロアカ297話では、燈矢の髪色が白く描かれた理由が明かされることを期待します!




 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|燈矢は誰かの陰謀で誘拐されていた?

ヒロアカ前話で明かされた燈矢の死因は山火事でした。

が、この事故自体まだ謎だらけです。

なぜ、燈矢は一人で瀬古杜岳にいたのか?

山の温度が2000度を超えるほどの炎が自然災害で起こるのか?

見つかったのが下顎の骨の一部のみ。

たしかに荼毘の顔下半分は皮膚を継いだような跡があります。

体中の傷跡はこのときの火傷の跡だと思われます。

エンデヴァーの回想では、燈矢はトレーニングも楽しそうに取り組んでおり、エンデヴァーも可愛がっている様子でした。

荼毘の記憶のように、エンデヴァーが歪んでいったのは焦凍が生まれてからの話かもしれませんが、ちょっと記憶の相違も気になります。

事実、エンデヴァーは燈矢を忘れておらず、ずっと探し続けていたのです。

ヒロアカ297話では、エンデヴァー目線での回想があることを期待したい!

ヒロアカ前話での荼毘の過去は消えないというセリフには、エンデヴァーが自分を山に捨てた、もしくは焼き殺そうとしたと思っているような気もします。

かねてから、燈矢の個性の才能をエンデヴァー以外にも見抜き、狙っていた人物がいたとしたら?

誰かが何かの目的で彼の幼さを利用し、社会的に殺し、救出し、捻じ曲げた記憶を植え付けたとしたということはないでしょうか?

ヒロアカ297話では、燈矢の過去にも注目していきましょう!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|ワンフォーオールの4代目の秘密とは?

爆轟も気づいていましたが、4代目の情報だけ中途半端な状態で記録が終わっているということでしたね。

ヒロアカ前話のオールフォーワンの世界で、歴代たちが全員出てくることを期待しましたが、見えたのは菜奈を含む二人でした。

実に残念です。

しかし、ヒロアカ前話でついに4代目のことが少し明らかになりました。

記録が止まっている4代目のことは以前から気になるところ。

他のヒーローたちは死因まで記録されているとのことなので確かに違和感です。

オールマイトも断定できないと言っています。

最も考えられることは4代目は死なずに行方不明になったのではないでしょうか?

ただ、7代目志村菜奈より前のワンフォーオールなので、寿命的には亡くなっていそうです。

ただ個性は継承されているので、継承ののちに消えてしまったのかもしれません。

ヴィランになってしまったとしても無個性のはずなので、敵勢力にはなって無さそうです。

情報漏洩はありそうですけどね。

ヴィランに落ちたなら、記録は残さないような気がします。

ヒロアカ297話以降で明らかになる?




 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|イレイザーヘッドは復帰できる?

ヒロアカ前話で同じく重傷を負っているはずのイレイザーヘッド

個性消失弾が足に当たり、薬が広がらないようように足を切断しました。

今や死柄木の狙いはデクのワンフォーオールですが、イレイザーヘッドが邪魔なのはヒロアカ297話以降でもそうでしょう。

ワンフォーオールを手に入れてしまえば、他のヒーローを相手にしないということはなさそう。

リカバリーガールの力で、切断した足も直せるのでしょうか?

ここでも壊理の巻き戻しが活躍する?

今のところ死ぬことはなさそうですが、ヒーローとしての復帰は絶望的?

ヒロアカ297話以降で、なんとか救ってほしいところです!

 

ヒロアカネタバレ最新話297話考察|グラントリノの安否は?

ヒロアカ前話で死柄木に足をつぶされ、腹部に大きな打撃を受けたグラントリノ

あのまま死柄木に潰されてしまったのでしょうか?

攻撃前に死柄木の姿をみて、志村菜奈の涙を思い出しました。

志村の孫である死柄木に、グラントリノは特別な思いがあったでしょう。

異形と化してしまった死柄木を憐れむ様子。

戦闘復帰はできずとも、せめて生きていて欲しいと願います。

デクの浮遊能力発動は見届けていたので、まだ生きていますが恐らく瀕死。

ヴィラン連合が到着してしまった今、ヒロアカ297話以降でとどめをさされないで欲しい!

 

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)297話ネタバレ確定速報が入りました。

タイトルは「タルタロス」

早速お届けしていきます!

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!オールフォーワンがタルタロス刑務所襲撃開始!

ヒロアカ前話でオールフォーワンが意味深なことをつぶやいていました。

そして、シーンは対”個性”最高警備特殊拘置所、通称「タルタロス」の外観からスタート。

四方を海に囲まれた孤島の要塞のような佇まい。

タルタロスの説明では、本土から5km離れた沖に建造された収容施設で、国民の安全を著しく脅かした人物を厳重に禁錮し監視下に置く建物。

刑の確定未確定を問わず様々な「個性」の持ち主が収容されており、危険度の高い人物ほど地下深くに収容されています。

一度入れば生きて出ることはできない「個性社会の闇」と呼ばれている収容所。

通称「青銅の門」と言われる恐らく入口、その監視員からセキュリティレッドを発令しろと本部に連絡が入ります。

見張りの個性能力者が殺されている様子。

そこには拍子抜けだという死柄木。

ヒロアカ297話は、前話の戦闘から間髪入れずに新たな戦争が始まる予感!

 

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!タルタロス深層部収容室の様子

地下10階エリアにシーンは切り替わります。

監視員たちは、明日ギガントマキアがここに収容されるために到着することを話していました。

ギガントマキアは銃が効かず、人間である以上ミサイルは使えない。

しかし、ギガントマキアのようなものは人ではなく「災害」または「獣」と呼ぶんだと。

タルタロス収容施設は人権侵害だと非難もされているようで、記録に残るとこの差別的発言は今の制度や政治的によろしくないようです。

しかし、それでも監視員は、ここにいるのは人の形をしているだけで、「個性」によって規格を失った人類に紛れ込んだ「おぞましい何か」だと続けました。

その背景にはいろんな形で個室に拘束されている人間の姿が・・・後ろ姿の男性はもしやオーバーホールかも?

オールフォーワン本体のみならず、相当危険な個性能力者たちが収容されているようです。

ヒロアカ297話では、危険な彼らが脱獄していしまうかも!

 

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!孤島となったタルタロスに空から侵入を目指すオールフォーワン

シーンはまたタルタロス外観に切り替わり、セキュリティレッドのアラートが鳴り響きます。

陸に繋がる橋は収容され海に沈み、完全なタルタロスは完全な孤島と化しました。

侵入者は殺害命令が出ます。

空を飛ぶ脳無に乗りながら、タルタロスに降り立とうとする死柄木は、恐らく意識の中でオールフォーワンと言い合います。

これは俺の身体だと言ったと、苦しそうな死柄木。

オールフォーワンは、超再生の効きが悪いので死柄木自身が元気になって欲しいからまだ休んでいてくれ、と死柄木に言います。

自分に手を差し伸べてくれなかった世界に唾をはき、憎しみを完遂するために力を求めた死柄木の強い意志がもたらした結果が今だと続けました。

駒にはならないと死柄木。

オールフォーワンは勘違いするな、君は大切な大切な、次の僕だと何か黒い帯状のもので死柄木を拘束します。

そして、現実では外の監視塔を破壊しました。

ヒロアカ297話で、オールフォーワンはどうやって本体を取り返す?!

 

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!ついにタルタロスの監視システムを破壊!収容者が動きだす!

オールフォーワンは、本体を取り戻す段取りを考えます。

他の収容されているヴィラン達も欲しいところ。

拘束されている本体は最下層の海抜500mにあることは、「サーチ」の個性で見つけているのですが、本体を避けて建物を破壊してもさすがに水圧には耐えられない。

たとえ、マキアがいたとしても難しい、よくできている・・・。

地下10階フロア、監視システムがダウン!

通常は3秒で回復するようですが、復元しない!と叫ぶ監視員たち。

分厚い扉で頑丈に施錠されている扉、中から電気なようなものが走ります。

拘束されたまま、意識の中のオールマイトと話すワンフォーオール。

お前は決してここから出られないというオールマイトに対して、神にあらがうことは私でも一苦労だと微笑むワンフォーオール。

余裕のたたずまいです。

ワンフォーオールは意識をリンクできるのです。

中と外から、両側から意識を繋げられなければ、成し遂げられなかったと。

そして、収容区域の扉が開き始めました・・・

ヒロアカ297話、懐かしいヴィラン達が現れるかも?

 

ヒロアカ297話ネタバレ確定速報!次々と脱獄するヴィラン達と外に現れたオールフォーワン本体!

タルタロスの収容区域の封鎖ブロックが中から破壊され、監視システムの復元はできなくなりました。

全区域の抑圧ユニットが到着するまで、監視員たちが戦闘へ入ります。

規則によると、受刑者がドアの外に一歩でも踏み出せば殺されるはず・・・

そこに全身筋肉のヴィランが監視員を押しつぶして出てきました。

他の個性能力者も次々と監視員たちを殺しながら出てきます。

一人の女性受刑者が走りながら、中で個性を使っても抑圧システムが作動しないことに冷静に驚きます。

そして、彼女は中から扉をたたく音を聞きつけました。

舌打ちしながら、仕方なしに扉を開くと両手を失ったあの男が・・・

受刑者たちが外に出ると、オールフォーワンの声が彼らに語り掛けます。

ここから出たいなら、脳無と死柄木に従い、傍観者に徹しろと。

早く外の世界を歩かせてくれと頼む受刑者ですが、橋がないので出られない!と焦ります。

ついに!いろんな生命維持装置のような機械を着けたまま、オールフォーワン本体は死柄木の前に現れました。

今から始まる空位時代に完璧な魔王が誕生し、自分が魔王になるための最高の物語だと話すのでした。

ヒロアカ297話で、ついにオールフォーワン本体が解放されてしまうのです!

≫ヒロアカネタバレ298話最新確定速報!

 

スポンサードリンク

ヒロアカネタバレ最新話297話まとめ

ここまで『ヒロアカ297話ネタバレ!最高警備拘置所タルタロス襲撃!オールフォーワン本体と死柄木がついに対面!』と題して、お届けしました。

ヒロアカネタバレ情報によると、前話で敗北した戦いに加え、オールフォーワンを収容所から出してしまうという失態を冒してしまいそうです。

最高警備と謳っている拘置所が破られてしまったいう事実と、オールフォーワンという凶悪犯を解放してしまった事実は、ヒーロー社会崩壊の幕開けと言えるでしょう。

さらに、今まで拘束されていた他の凶悪ヴィランも解放してしまうことになりました。

その中にはオーバーホールの姿も!

ということでさらに強さを発揮するヴィラン達に注目して「ヒロアカ297話ネタバレ!最高警備拘置所タルタロス襲撃!オールフォーワン本体と死柄木がついに対面!」はここまでにしたいと思います。

スポンサードリンク