同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?

同期のサクラ 離島 ロケ地 栗島 新潟県 場所 どこ
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?』について書いています。

同期のサクラの第1話が10月9日に放送されましたね。

主人公のサクラは新潟の離島から上京したという設定になっていますが、一体どこなんでしょうか?

「故郷と本土を結ぶ橋をかけること!」と社長に宣言していましたが場所が気になります。

新潟で離島といえば「佐渡」を真っ先に思い浮かべてしまいますが、ネット上では「栗島」という情報もあるようです。

そこで今回は『同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?』と題しまして調べていきたいと思います!

ナビゲーター

サクラがどこの離島で生まれ育ったのかめっちゃ気になるよね!

 

同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?

月村百合(橋本愛)さんに「同期の北野サクラさんについて教えてください」というのインタビュー動画があるのですが、この中で人口300人ぐらいの小さな離島と言っていますね。

私たちとは、かなり、というか、そもそも生まれ育った環境が違うというか。

一言で言うと、田舎者まる出し、おのぼりさん。

だって人口300人ぐらいの小さな離島から、一人上京したらしいんですけど、人の善意しか信じていないんです。

で!実際に人口300人くらいの離島が新潟にあるのか調べてみました。

ナビゲーター

ちなみに、新潟の離島(ミサキ島)出身という設定ですが、ググってもこの島はでてきませんでした(笑)

ドラマ内では存在しない架空の島といったところになりますね。

 

日本海の小さな島・粟島(新潟県)

探してみたところ、確かに新潟県に「栗島(あわしま)」という離島があるようです。

この栗島には、粟島浦村という人口360人の村があります。

※2010年国勢調査の法定人口による

ということはですよ、月村百合(橋本愛)が話していた「人口300人ぐらい」の設定と同じぐらいの村ということになるのではないでしょうか!

ちなみに栗島は地図上では小さい島ですが、れっきとした観光名所もあります(^^)

島の最北端「鳥崎展望台」、新潟百景にも選ばれた「仏崎展望台」からの景観、奇岩が並ぶ「エビスヶ鼻」「切石ヶ鼻」「八幡鼻」からの景観などがオススメのポイントになっているそうですよ(^o^)

同期のサクラ 離島 ロケ地 栗島 新潟県 場所 どこ

出典元:栗島観光協会

ナビゲーター

キャンプ場や海水浴場もあるので、夏のレジャーには持ってこいの場所になりそうだね(^o^)

 

栗島へのアクセス方法

出典元:https://rito-guide.com/awasima-access/

粟島へのアクセスはフェリーと高速船のみとなっていますので、まずはフェリー乗り場(岩崎港)のある村上市を目指すことになります(^-^)

フェリーと高速船の運航時期や料金については以下の通りです。

 

【フェリーで行く場合】

フェリーは1日1便(時期により2便あります)「フェリーあわしま」が運航しています。

運賃は片道1,880円(2等)、所要時間は約1時間30分ほどで到着します。

 

【高速船で行く場合】

高速船(awaline きらら)は3月~10月のみの運航で1日2~3便運航しています。

料金は片道3,790円、所要時間は約55分です。

ちなみに高速船に乗るには予約が必要になってきますので、時刻表は必ずチェックしておくことをオススメします(^^)

※オンライン予約も可能です。

>>>フェリー・高速船の時刻表

ナビゲーター

フェリー・高速船ともに時期によって便数や出航時間が変わるようですので、出かける前には時刻表を必ずチェックしておいた方がいいかもしれません(^^)

 

同期のサクラ離島のロケ地「栗島」に視聴者の反応は?

>>第5話でまっけん(葵)とサクラがキス?

 

スポンサードリンク

まとめ

『同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?』について書いてきました。

新潟県で離島といえば佐渡ではないかと思いましたが、ツイートの情報にもありますよに「栗島」の可能性が高そうです。

ちなみに「故郷に橋を架ける」と言っていましたので、実際にどのくらいの距離があるのか調べたところ、フェリー乗り場からで35kmもあるそうですよ(;’∀’)

赤字になりそうな予感しかしませんが。。。

サクラの夢は叶うのか、これからも見逃せませんね。

以上『同期のサクラ離島のロケ地は栗島?人口300人の島の場所はどこ?』についてお届けしました。

出典元:同期のサクラ公式サイト/公式ツイッター/公式インスタグラム

スポンサードリンク