アシガールドラマ1話ネタバレあらすじ!黒島結菜が戦国時代で足軽に!

アシガール ドラマ 1話 ネタバレ あらすじ
スポンサードリンク
Pocket

ドラマ「アシガール」1話のネタバレやあらすじを紹介していきます!

アシガールは森本梢子さんの同名漫画を実写化したドラマで、2017年9月23日から約3か月間、NHK土曜時代劇ドラマの枠で放送されました。

どんなドラマなのか、あらすじをザックリお話しすると、速く走ることが得意な平成の時代を生きる女子高生(唯)が戦国時代へとタイムスリップ。

そこで出会った若君(伊藤健太郎)に一目惚れして、若君の為に足軽となって荒野を駆けまわる物語です。

1話は唯と若君が出会う大事な初回。

どうして平成の女子高生が戦国時代へタイムスリップすることになったのか。

どういう経緯で足軽となって若君の側に仕えるようになったのか。

ドラマ「アシガール」1話の気になるネタバレやあらすじを紹介していきます!

 

アシガール1話あらすじ「見参!戦国女子高生」

NHKで放送するドラマにしては、ずいぶんと軽くカジュアルな感じの時代劇ドラマです。

戦国時代へとタイムスリップするというSF設定、短剣をシャキンと抜くことで時空を移動する簡単さ、自由奔放で猪突猛進のヒロイン唯と、クールでドSなイケメン若君。

歴史ものが苦手な人でも、民放のラブストーリー系ドラマを見ているような気軽さで楽しめる時代劇ラブコメディになっています。

 

アシガール1話あらすじ

速川唯(黒島結菜)・十六歳。走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。目覚めた唯は激しく混乱するが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じる。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れする。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。なりゆきで、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに息子の唯之助として身を寄せる唯。いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すが・・・。

出典元:NHK「アシガール」

30代受付
平成の時代に生きる女子高校生が、戦国時代へタイムスリップして現地のイケメン若武将に一目惚れし、足軽となってお仕えする人生を選択する!という奇想天外なドラマ。

初回放送から2~3年が経過しても、今だなお人気のあるドラマなんです♡

 

アシガール1話「見参!戦国女子高生」ネタバレ

ドラマ「アシガール」1話では、唯と若君の運命的に出会うまでが描かれています。

どうして唯が戦国時代へタイムスリップしてしまったのか、いつどのように唯と若君は出会ったのか。

1話のネタバレを以下にご紹介していきます。

 

唯、弟の実験室で短剣を抜く

ある満月の日のこと。

学校から帰宅した唯は、弟・尊の実験室(実験室という名の物置)へ行きました。

すると尊が短刀を手にして正座をしているものだから、唯は「切腹!??」と驚いて尊に飛びつき、持っていた短刀を奪います。

尊は「切腹なんかしないよ!これはタイムマシンでね、やっと完成したんだ!」と自慢げに話しだしました。

唯はその話を聞きながら、何気なく短刀を引き抜いたとき、周りが一瞬明るくなって実験室から唯の体が消えたのでした。

唯が引き抜いた短刀、それは尊が作ったタイムマシンの機動スイッチだったのです。

 

唯、戦国時代へタイムスリップ

気が付けば唯は短刀を持ったまま草原に倒れていました。

自分の周りにはうずくまる足軽たちが大勢いて、唯は戦国時代へタイムスリップしてしまったのだと悟ります。

高山軍に負けて追い討ちをかけられている羽木軍(木村政秀率いる軍)の中に紛れ込んだ唯は、怪しまれないように負傷して倒れている兵士の鎧を自分で着けました。

しかし、見かけない顔に木村政秀から「お前は誰だ」と聞かれ、唯はとっさに「唯之助…とか?」と答えたところ、孫兵衛のところにそんな名前の息子がいたという話が聞こえてきたので、それに便乗することに。

信じ込んだ木村政秀の軍の群れに混じり、最後尾について一緒に進軍してたが、唯は途中で逃げ出して森の中をさまよい、崖から落ちて気を失ってしまいました。

 

唯、毒キノコを食べようとする

崖から落ちた唯は目が覚めて歩き出しますが、一晩中何も食べていなかったため空腹で倒れてしまいます。

すると、横にキノコが生えているのに気付き近寄ったところ、1人の若武者がそこに立っているのに気付き…。

それが若君こと忠清です。

唯は余りのカッコよさに若君に一目惚れ。

しかし、若君は唯に刀を突き付けて素性を問い詰め、何をしようとしていたのかを問いただしました。

唯がキノコを食べようと思っていたと話すと、若君は「それは毒キノコだ。」と言い残しその場を立ち去ります。

 

唯、馬に乗せてもらう

唯は立ち去る若君の後を追いかけました。

唯が木村政秀の軍にいたことを知った若君は、木村政秀を探すため馬に乗って駆けだしました。

唯はその後を必死で走って付いていきます。

しかし、余りにも空腹すぎて途中で力尽きて立ち止まってしまいました。

そこに若君が颯爽と馬に乗って戻ってきて、唯を後ろに乗せて再び駆け出します。

若君と唯は木村政秀の軍に追いつきました。

木村政秀は敵に不意打ちを食らってしまい、200名いた兵士が18名になってしまったことを若君に謝罪し、切腹を志願します。

若君は木村に、「くだらない。もういいから黒羽城に戻れ」と言いました。

その突っぱねたような言い方に唯が反発すると、若君は「死に急ぐは真の負けだ。」といい、命を絶って責任を取るよりも、生き延びた命を大切にすることが大事なのだと伝えます。

そして、馬に走って付いてきた唯に関心をもった若君は、唯に「またいつでも城に来い。また、会おう」と言い残し、馬に乗って立ち去っていきました。

 

唯、吉乃に迎え入れられる

唯たちが黒羽城に戻ると、兵の妻たちが一斉に飛び出してきました。

その中に、孫兵衛の妻(吉乃)もいて、唯之助を名乗る自分の素性がバレてしまうと身を固めた唯。

しかし、吉乃は唯に「おかえり。よくご無事で。」と声をかけ、唯を自宅へ連れて帰ります。

そして、「あんなに追い詰められた顔をしていては、私の息子ではないとは到底言えない。一晩だけなら泊まらせてあげるから、その後はどこへでも行けばいい。」と唯に伝えました。

 

若を尋ねて城に向かう

アシガール ドラマ 1話 ネタバレ あらすじ 

出典元:Twitter

翌朝、唯は吉乃にお礼を行ってから若君がいる城を目指します。

しかし、吉乃は唯が女であることに気付き、もし城を追い出されたらココへ戻っておいでと伝えて唯を送り出しました。

唯は何とか城に潜りこむことができ、若君の後ろ姿を見つけて思わず抱きつきますが、それは若君ではなく、若君の異母兄の羽木成之でした。

そして、警備が飛んできて唯は城から追い出されてしまったのです。

30代受付
アシガール1話はここで終わり☆

 

スポンサードリンク

アシガールドラマ1話ネタバレまとめ

ドラマ「アシガール」1話のネタバレとあらすじをご紹介しました。

戦国時代という殺伐とした場所へタイムスリップしてしまったにも関わらず、イケメン若武将の若君に一目惚れして、若君に再び会いたくて城に潜入するなんて、どんだけ勇者なんだと(笑)

吉乃の機転の利いた優しさも素敵ですよね。

原作漫画を知っている人は、若君役の健太郎が初めはシックリこなかったようですが、全12回で話数が進むにつれて、心もとなさを感じずにはいられなかった健太郎が、最終回では堂々と誰が見ても若君は健太郎!と思われるまでに成長します。

役と共に成長する唯と若君を見るのも楽しみですね。

ドラマ「アシガール」1話のネタバレとあらすじでした☆

スポンサードリンク