アシガールキャストあやめ役の姉さんは誰で男?俳優の名前やプロフィールを画像付で紹介

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男
スポンサードリンク
Pocket

戦国時代を舞台に、現代からタイムスリップしてきた女子高生(唯)と若いイケメン武将(忠清)の恋物語を、コメディタッチで描いたドラマ「アシガール」。

全12話中に、たくさんのキャストが登場します。

唯や忠清を陥れようとするキャラもいれば、心から応援してくれるキャラも。

応援してくれるキャラの中で、「この人がいなかったら唯と忠清がお近づきになることはなかった」と言っても過言ではない人が第4話で登場しますが、これがまた個性的なお人で(笑)

その人は「あやめ姉さん」と言って、芝居一座の女形役者。

第4話で「あやめ姉さん」が登場した直後から、『あやめ役は誰よ?え?男??』と、原作を知っている人がちょっとビックリ!

アシガールは同名漫画が原作で、物語の進行は漫画と同じでも、環境設定がチョイチョイ違います。

あやめ姉さんもその一人。

「アシガールキャストのあやめ役の姉さんは、誰がキャスティングされているの?その人は男?また、どんな人な?」という疑問を早速リサーチしたので、その結果を以下にご紹介します☆

 

スポンサードリンク

アシガールキャストあやめ役の姉さんは誰で男?

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男

出典元:ドラマ「アシガール」を10倍楽しむブログ

この人があやめ姉さんです。

アシガール第4話の戦勝の宴の宵に登場する芝居一座の女形役者です。

あやめ姉さんは唯の恋・指南役的な役割をするのですが、あやめ姉さんの「ある提案」が、唯と忠清の距離を一気に縮めることになります♡

20代主婦
ある提案ってなに??

 

あやめ姉さんと唯の出会い

大好きな若君忠清を守るために足軽となったものの、初めて戦場の修羅場を目にして気を失う唯。

たまたま近くにいた若君が倒れた唯を助けて自陣へ連れ帰ります。

唯が目を覚ました時、周りでは勝利の宴が開かれていて、気を失って何もできなかった自分を唯は情けなく思い悔やみます。

ここで、落ち込んでいる唯を励まそうとあやめ姉さんが登場☆

色々話すうち、若君の元に地元の豪士の娘・ふきが一晩仕えると聞いて、居ても立っても居られない唯は若君の所に行こうとするも、あやめ姉さんに「身の程知らず」を止められてしまいます。

「好きになる事に身分とか男とか女とか関係ない!」という唯の言葉に心意気を感じたあやめ姉さんは、あることを唯に提案。

あやめ姉さん
「ふきになりすまして寝屋にいけばいい」

そして唯はあやめ姉さんから着物一式を借りて姫に変装をし、若君の寝屋に向かう本物のふき姫をでんでん丸で気絶させて、無事に入れ替わることに成功します。

そこで唯と若君は色々な話をし意気投合したところで、部屋に敷かれている布団が目に入り、急にビビりだす唯。

若君は「怯えている女に無理強いはしない。覚悟が出来たら参れ。」と言い残し、先に布団に入ります。

そして唯は若君が寝た様子を見計らって部屋を抜け出します。(実際には寝たフリ。)

あやめ姉さん
「寝ている隙を見て抜け出しておいで。」
20代主婦
短い時間ながらも色んな話をした唯と若君は、お互いの存在をより一層意識するようになったキッカケをあやめ姉さんが作ってくれたんだね~♡

あやめ姉さんが宴の場にいなかったら、唯と若君の距離は縮まってなかったかもしれないね!

あやめ姉さんと唯の出会いに感謝☆

 

あやめ姉さん、原作とドラマの設定の違い

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男

出典元:若君 最高 アシガール

あやめ姉さんですが、原作ではとってもキレイなお姉さん。

己の不甲斐なさに凹んでいる唯を慰めようと唯に話しかけたのに、経験豊富そうなベッピンお姉さんが唯に話かけてくるものだから、

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男

出典元:のんびりと歩いていこう

男に扮してる唯は、あやめ姉さんに誘われてる!!と激しく勘違い(笑)

結局はあやめ姉さんは唯の味方となってくれるキレイなお姉さんだったわけですが、ドラマがちょっと設定が異なります。

原作漫画:遊女⇒ドラマ:女形の役者。

女形の役者ということなので、男優が女性の格好をして女性を演じています。

 

あやめ姉さんが男??とザワつく理由

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男

出典元:Twitter

男なのか女のか、一瞬では分かりづらい中性的なこの人↑↑が、ドラマでのあやめ姉さんです。

原作では遊女・あやめ姉さんで恋多き妖艶な女性のイメージだったのに、ドラマで実写化されるとあやめ姉さんが男になってるものだから、それはそれはビックリします(笑)

 

あやめ姉さんが男!?SNSの反応

20代主婦
私も別にわざわざ、あやめ姉さんを男設定にする必要は特になかったと思う。

あやめ姉さんが男かよ!ってウケ狙いとしか(笑)

あとはNHK繋がりで、中西君とこばやんをぶっこんでみた??

 

スポンサードリンク

アシガールあやめ俳優の名前やプロフィールを画像付で紹介

原作ではキレイな遊女だったあやめ姉さんが、ドラマでは男になっちゃったというのが分かったところで、「じゃ~、この男の人は誰がやってるの?」という疑問に答えたいと思います!

女形役者・あやめ姉さんを演じているのは、森優作さんです。

NHKの朝ドラを継続して見ている人なら、すぐに誰って分かるかな~。

「べっぴんさん」の中西君と、「半分、青い」の小林君ことコバヤンです☆

 

森優作プロフィール

アシガール キャスト あやめ役 姉さん 誰 男

出典元:タレント ザ・テレビジョン

アシガールのあやめ役俳優・森優作さん。

ちょっと昭和レトロな雰囲気を持っている平成元年生まれの俳優さんです。

生年月日1989年12月4日
出身地大阪
血液型A型
特技英検1級(3年間留学)
経歴2013年俳優デビュー
2015年「野火」で最優秀新人男優賞を受賞
主な出演作品2016年「ぺっぴんさん」
2018年「半分、青い」

 

 

「べっぴんさん」の森優作

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で、キアリスの新入社員として入社し、ゆくゆく人事部長となった中西君。

物静かでおとなしいタイプだけど、自分の意見はしっかり持っている中西君を好演されました。

 

「半分、青い」の森優作

NHK連続テレビ小説「半分、青い」で、主人公すずめの初恋の相手となる小林くん(通称:こばやん)。

進学校の西高の生徒で新聞部に所属する真面目な学生役を好演されました。

 

「野火」の森優作

第二次世界大戦末期のフィリピンを舞台にした戦争映画で、野戦病院を追い出されてさまよう日本兵を熱演。

目力が凄く、狂気的な演技に「この俳優誰?」と圧倒される人が続出の、森優作君本格俳優デビューの一作です。

20代主婦
川西くんと小林君の印象があるので、野火の森優作君はとても同一人物とは思えない!

ビジュアルはイケメン類ではないけれど、色んな役になり切れる役者さんって見てて感心させられます☆

 

スポンサードリンク

アシガールキャストあやめ役姉さんまとめ

アシガールキャストあやめ役姉さんは誰?男?その俳優さんの名前やプロフィールは?についてご紹介してきました。

原作では遊女のあやめ姉さんが、初々しい唯の為にあれこれ恋の手ほどきをするという関わりだったのに、ドラマ実写版ではあやめ姉さんが女形役者という設定で、森優作さんという男性俳優が演じたので、原作を知る人は一斉に「えええっ!!!」っとなりましたよね~。

「なんであやめ姉さん男になってるの?」「え?男にする必要なくない?」「え?誰?今西君と小林君が女装しとるやん!」というように、原作を知る人・NHK朝ドラを見ている人には、ある意味楽しいサプライズなキャストでした(笑)

普段はとても素朴でおとなし~~い雰囲気をたずさえた俳優さんですが、役によって全く違う顔を見せてくれるので、次回どんな作品でどんな森優作が見られるのか楽しみです☆

スポンサードリンク