アシガール102話ネタバレ確定最新話速報!戦国の子育てに悩む唯!

アシガール ネタバレ 101話 最新 考察シガール ネタバレ 102話 最新 考察
Pocket

10月28日ネタバレ確定しましたので追記しています!

この記事では「アシガール」102話(12月号掲載)のネタバレ最新考察をお届けしていきます♪

前話では、まさかの小平太の恋物語、そして相手はなんとつゆ!

全く予想もしていなかったストーリーだった!と思われた方、少なくなかったのでは?と思います!!

若君と唯の第一子「天丸」のエピソードがまだ続くかな?と思っていましたが、いい意味で裏切られた何ともほっこりな展開でしたね♪

アシガールの登場人物はみんないいキャラしてますし、そもそも嫌なキャラもいないので、もはや全員好きだなぁと思えるくらいなのですが…

個人的にはそんな中でもつゆは特に好きなので、小平太との恋を応援したいです♡

そしてこういったエピソードを挟んでくるタイミングもまた、絶妙だなぁなんて思いました!

さて、そんなアシガール102話はどんな展開になっていくのでしょうか?!

何はともあれ唯と若君、そして天丸の幸せそうな姿が見られたら嬉しいですよね♪

それでは『アシガール102話ネタバレ確定速報!戦国の子育てに悩む唯!』と題してお送りします!

※この先はアシガール102話のネタバレを含みますのでご注意くださいネ

アシガール ネタバレ 最新話 確定 速報

スキマ時間に漫画を読むことができるアプリってたくさんありますが、23時間おきに好きな漫画が無料で読める「マンガMee」はご存じですか?

いつでもどこでもスマホで読めるマンガMeeを使えば、お金をかけずに0円で漫画を読むことができます!

さらに、マンガMeeでは現在1日1回限定で好きな漫画が1冊丸ごと読める無料チケットをプレゼント中!

他のアプリでも1冊丸ごと読めるのははせいぜい1巻や2巻程度です。

購入せずに1冊丸ごと読めるマンガMeeを使って、思いっきり好きな漫画を満喫しちゃいましょう!

ただ、このお得な無料チケットの配布はいつ終わってしまうのか分かりません。

無料キャンペーンが終わってしまう前に、ぜひこの良さを体感してみてくださいね。

登録もカンタン1分♪

アシガール102話(ココハナ12月号)ネタバレ展開予想&考察!

前々回の100話でついに生まれた天丸の登場がなかった前回の101話。

あれれ?と思いつつも、きっとみんな大好きな小平太とつゆのかわいらしいエピソードに心温まったようです♡

ハートわしづかみされちゃう小平太、おふくろ様に上手いこと乗せられてしまうチョロい小平太!

もう、みんな大好き小平太!という感じですよね♡♡

小平太チョロくて最高やったなぁ♡
おふくろ様は今回もナイスアシストすぎて、さすがの一言でした!!

小平太とつゆのお話も、いずれまた読めたら嬉しいですよね♪

102話はまず若君と唯と天丸の3ショットから始まると期待して…「アシガール」102話(12月号)の展開予想をしていきます!!

 

アシガール102話(12月号)ネタバレ展開予想|戦国時代の子育て

桜と共に緑合へ春を運んできた「天丸」の誕生から早3ヶ月。

天丸はすくすくと成長中!

イケメンが増してきているとすっかり噂になっています♡

若君と唯も我が子を抱く姿が様になってきて、良き父と母の面持ちに…!

城の幸せムードもひと段落し、子守はじぃの仕事としてしっかりと定着していました。

そして子守はおろか、子供のお世話はなんでもかんでも城のみんながしてくれるこの時代。

唯は「これでいいんか?母としてなにもしなくていいんか?」と考えたこともありました。

みーんなが面倒見てくれるなんて、楽だろうけど、思うことはあるよね~

そして唯は何より「もっと若君と3人で過ごしたーい!!!」と考えてやきもきしている…と考察します!

 

アシガール102話(12月号)ネタバレ展開予想|早いのは足だけではない

やきもきモヤモヤする気持ちを、唯はつゆにこぼします。

するとつゆは、若君は忙しいためあまり3人で過ごせないのも仕方がないと。

それに、みんな天丸のお世話をすることはとても幸せなのだとも言いました。

唯は「えーーーーーー」と唇を尖らせ、渡瀬はそんな唯を見て「唯様」と一言。

しかし持ち前の切り替えの早さで「まーいっか!!みんなが嬉しそうにお世話してくれてるなら、ね!いーよね!」

とあっさりつゆの言うことに納得するのでした…と考察します。

さすが唯w早いのは足だけではないwwでも、ただまぁいっかーていう感じではなくて、みんなが幸せそうなら!というのが唯の良いところ♪
単純にまぁいっかーていう感じではなくて、みんなが幸せなら!というのがまた唯の良いところ♪

 

スポンサードリンク

アシガール102話(12月号)ネタバレ展開予想|やっぱり若君がスキ?

つゆの言葉に納得していた唯ですが、それはあくまでみんなが幸せそうに天丸の世話をしてくれることについて。

若君と過ごす時間が少ないことは、少々腑に落ちていませんでした。

戦国で忙しいのはわかってるし、我がままなんて言いたくないけど…

そう思いながらも納得できず、モヤモヤは募るばかり。

そこで唯は思いのたけを若君にぶつけてみることに。

すると若君は「たわけ。なぜずっと我慢しておったのじゃ」と言い、さらに気づかなくてすまなかったと謝りました。

唯の言葉に我がままだと言うこともなく、唯の想いをしっかりと受け止めてくれた若君。

唯は若君にギュッとされながら「若君スキ!」と思うのでした…と考察します!

若君、スキ!!!きっと若君にもいろいろと思うことがあるんだろうけど、いつも優しい若君、スキ!!!

 

アシガール102話(12月号)ネタバレ展開予想|ソワソワが止まらない速川家

天丸の出産から3か月が経ち、唯は現代にいる家族を思う時間も少し増えていました。

本当だったら、現代だったら、まだ学校に通ってるし結婚も出産もまだまだ先のことだったんだろうな~なんてことを考えたりもしていました。

一方の現代、速川家でも唯の心配やら何やらでソワソワする日が続いていました。

もうきっと無事に出産してるんだろうけど、上手くやっているのかどうか、それはそれで心配な両親。

唯が子育てだなんて…唯の考えているように「まだ高校生なのに」そんな思いもあるのです。

唯の年齢で出産なんて、なんにも珍しくなかったんだもんね、すごいな~

尊はそんな両親を見ながら「早くタイムマシンを完成させなくちゃ。お姉ちゃんにも怒られる…!!」

「それに僕も赤ちゃんと若君に早く会いたいんだ!」と意気込むのでした…と考察します!

尊、頼むよ~!!読者もタイムマシンの完成を待っておるぞ!!!
お姉ちゃんに会いたいとは言わない尊がなんだかかわいいね♪

※確定ネタバレは10月28日に掲載いたします

 

スポンサードリンク

アシガール102話(12月号)ネタバレ確定速報!


10月28日ネタバレ確定しましたので追記しています!

前話では小平太とつゆの恋物語でしたね♡

今回は唯と若君、天丸の登場ですよ~(^^)/

 

アシガール102話(12月号)確定ネタバレ|健やかに育ってゆく天丸

緑合城で主家に嫡男が生まれたのは40年ぶりのことで、領内のあちこちから瑞兆が起こったという報告が寄せられました。

緑合中の桜が天丸誕生と同時に開花したとか…

美鳥川の竜神が天に昇る姿を見たとか、金色に輝く大鷲が城の上を旋回するのを見たとか…

旧御月家の家老:佐久重盛の家では天丸より10日早く孫の彦太郎が誕生しており、夜中に突然火が付いたように泣きだしたことがありました。

それはなんと天丸が生まれた時刻だったとか…

そんなご縁もあり重盛は彦太郎を天丸の家臣へと取り立ててほしいと忠高(若君の父)に頼むのでした。

唯はその話を聞き「生まれて10日でそれはないわ」と戸惑いますが…

「ありがたい。喜ばしいことじゃ、良い家臣はこの先天丸にとっては一番の宝じゃ」と若君が言うので唯も納得しました。

「のう、天丸」と若君が声をかけると、天丸がにへっと笑うので「おおっ笑うた、話が分かるとみえる」と若君は喜び、唯も「天ちゃんしゅごーーい!!!」と声を掛けました。

若君は笑った顔が唯によく似ていると言うと、唯は藤尾が若君の赤ちゃんの頃に瓜二つだって言っていたと話しました。

若君は「左様か」と言ってゴロンと天丸の隣に横になります…唯は予想通り若君は甘々なパパだなと思いながら、いい眺めだとも思いました。

じぃは毎日会いに来ては「また大きゅうなられましたな」と言い、さらには「さすが奥方様、乳の出がいいようでござるの」と。

唯は胸の大きさと母乳の量は一切関係ないと実感するのでした。

ーーこうしてみんなに愛されて天丸は健やかに育ってゆく。

 

アシガール102話(12月号)確定ネタバレ|織田信長

その頃、織田信長は小牧山城居城を移し尾張を統一して着々と勢力を増していました。

とは言え隣国の斎藤氏との争いが絶えず、北には上洛を狙う武田信玄もおり天化への道はまだ遠い状況。

そんな中でも将軍家の足利義昭と手を組み都への上洛を果たし、都大路の修繕や御所の新設など京の平定にも尽力していました。

一方、御月家はしばらく出陣の命も周囲に争う敵もなく、穏やかな日々が続いていました。

そんなある日、突然都に行くと唯に告げる若君…出陣ではなく、信長の推挙で御月家の面々が帝から官位を賜ることになったとのことです。

若君父子だけではなく、信近や政秀、小平太たちにもくだされるそうだと話すと「えーっみんな行くの!?」と唯は驚きました。

ぎゅうっと天丸を抱きしめ「えーーんママとてんてんはお留守番だって!」と唯が言うと若君は「たわけ…3,4日で戻る」と言ってさらにぎゅうっと二人を抱きしめました。

ーー唯が戻ってから半年余りのことであった。

 

アシガール102話(12月号)確定ネタバレ|緑合城の歴史博物館へゆく尊

ーー令和の緑合城には尊の姿がありました。

尊がふとここに来てみようと思ったのは、永禄から戻って半年ほど経ったころでした。

小学生の時に一度来たことがありましたが、当時は展示品なんて興味もなく全く覚えていません。

だってまさかここの上主が実の姉の子孫だったなど誰が考えようか。

そんなことを思いながら、「あ、若君!!」と尊は御月清長所要:二枚洞具足を見つけ、ついこの前見たものがここにあるなんて不思議だと感じました。

天野家の歴史には尊の弟子だった三之助のことも書かれており、頭脳明晰であり、御月家の藩政の基盤を築いたとこうろうを称えられていました。

ふと尊は「天野信尊(幼名三之助)」と名前を見て、自分の名前が使われてることに気付き「うっ…泣ける」と涙をうかべました。

それから横を見ると、掛け軸が目に入り、えーーーーーー!!と目を疑いました…おかっぱ頭に鎧を付け、幼子を抱きながら薙刀を持つ女性が描かれているのです。

学芸員に何の絵か訊くと「久永公が赤ん坊の時に緑合で戦があったようですね。でもこの戦のことは資料がほとんどないんですよ」と説明してくれ、この女性が唯であることも確信。

描かれたのは江戸時代のため語り継がれた話を聞いて描かれたものです、とも説明してくれました。

尊はおかっぱってことは伝わってたんだ…と思いながら「帰ろう!!そして一日も早くタイムマシンを完成させなきゃ!!」と意気込み足早に退散するのでした。

 

アシガール102話(12月号)確定ネタバレ|若君の教え

「天丸、見よ」と若君は天丸を抱いて外を見せながら「青々と育った稲が眩しいほどじゃ。今年も豊作だと良いの」と話しかけています。

若君はさらに「この緑合は一度も戦場になったことがない。この地が豊かなのはそのおかげであろう。戦とはまことに愚かなことじゃ」

「なれど今は乱世…我らの務めは皆の子の暮らしを守り抜くことなのじゃ」と続けました。

唯はそんな若君をみて「甘々なだけじゃない。これからこうやって総領としての心得を天丸に教えていくんだろうな…自分がそうして育ったように」と思いました。

「わしが留守の母上を守れよ」と若君が言うと天丸はキリっとし(よだれもたらり)、「良い顔つきじゃ」と若君は満足そうです。

翌日御月家一行は都へと向かいました。

ーー初夏の頃天丸は四か月になっていた。

 

アシガール102話(12月号)に対するSNSの反応は?

やっと若君のパパ姿がしっかりと見れましたね~!♡

若君が天丸に語り掛けるシーンは「あー戦国なんだなー」と改めて感じさせられました。

ツイートにもあるように、このまま進むのか最終回へ向かうのか…ドキドキです!!

≫アシガール103話ネタバレ

 

スポンサードリンク

アシガール102話(12月号)ネタバレまとめ


『アシガール102話ネタバレ確定速報!戦国の子育てに悩む唯!』と題してお送りしてまいりました!

「アシガール」102話のネタバレ最新考察、お楽しみいただけたでしょうか?!

唯は戦国の子育てに悩むことはありますが、きっとすぐに受け入れて馴染むことが出来るのではないでしょうか♪

つゆや渡瀬、そして若君に支えられながら戦国ならではの子育てと向き合っていくことと思います。

若君とのラブラブっぷりも見れると期待しています♡

現代では尊が唯と若君、そしてまだ見ぬ甥っ子のことを思いながら一生懸命タイムマシン作りに励む姿が描かれると予想!

さくっとチャチャっとタイムマシン、作ってほしいです…ガンバレ尊~!

というわけで『アシガール102話ネタバレ確定速報!戦国の子育てに悩む唯!』はここまで。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます♪

次回の『アシガール103話(1月号)』のネタバレ最新考察もお楽しみに~(*’▽’)

スポンサードリンク