4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)あらすじ&ネタバレ「沙羅27歳の誕生日」

4マリ 漫画 原作 3巻 結末 あらすじ ネタバレ
スポンサードリンク
Pocket

この記事では『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)』のあらすじ&ネタバレ「沙羅27歳の誕生日」について書いています。

第1巻では姉弟という関係でしたが、実はお互い想い合っていたという二人。

そして第2巻では廉の家族想いな一面や、みことが沙羅へのプロポーズする言葉に感動してしまいました。

いよいよ最終巻、みことの予言通り沙羅は死んでしまうのか。

それでは早速『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)』のあらすじ&ネタバレ「沙羅27歳の誕生日」について見ていきましょう!

>>>4マリ原作漫画『第1巻』あらすじネタバレ

>>>4マリ原作漫画『第2巻』あらすじネタバレ

ナビゲーター

ネタバレが含まれていますので、ドラマだけに集中したい!ネタバレは知りたくない!という方はスルーしてくださいね(^-^)

 

スポンサードリンク

『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)』あらすじ&ネタバレ

では早速、4分間のマリーゴールド(漫画)第3話あらすじをネタバレ気味に書いていきますね!

 

沙羅の言葉にしない声が聞こえる

4マリ 漫画 原作 3巻 結末 あらすじ ネタバレ

出典元:https://www.cmoa.jp/

防災PRが目的の式典で、お正月からちょっとした消防署のお祭りが行われていました。

消防署の出初め式に訪れた沙羅。

消防車が子供に人気な反面、救急車の人気がイマイチだと知った沙羅は心臓マッサージの講習をみことから受けることに。

みことの指導に照れる沙羅。

しかし、みことから未来の話をされて表情が少し曇ってしまいます。

「年とって、おれ倒れちゃったら、沙羅に助けてもらわないとだし」

2人とも沙羅の最期の話はせず、ただ未来の話をするようにしています。

そこへ父親と少年が講習を受けにやってきます。

将来は救命士になりたいという少年に「いつか一緒に人の命を救おう。待ってます。」と優しく声をかけるみこと。

その姿を見た沙羅は笑顔を取り戻します。

親子の嬉しそうな姿を見たみことは父親の形見の腕時計を見ながら、自分はいつも父に応援してもらっていることを沙羅に話します。

父親には何も見せてあげられなかったことを後悔するみことは、結婚の報告をしにお墓参りに行こうと誘いますが、沙羅は「籍は今すぐじゃなくていいと思う」と断っていしまいます。

2人はそもそも家族、戸籍はいろいろ面倒だから…と理由をつけますが、本音は自分が死んだ後のことを考えての発言でした。

 

父さんが残してくれたもの

その日の夜、レン兄と飲む約束をしていた2人。

ビールを買って自宅に到着するころにはレン兄はすでに酔っていました。

「たしかに好きにしろとは言ったが、想像を絶する好き放題だな」

結婚を具体的にどう進めるかの話になると、籍は今すぐじゃなくていいと話す沙羅。

そのかわりちょっと身内だけ呼んで結婚式をやろうと提案します。

母親、藍にもちゃんと報告しろよとレン兄。

そして、父親にも墓参りをしてちゃんと報告するように2人に言います。

沙羅の死の予言をしっているレン兄は、みことがこの先一人ぼっちになることを察して「孤独を怖がるな」とアドバイスを残し酔いつぶれてしまいます。

父親が残してくれたもの、それは「腕時計」「家族」「愛する人」「背中を押す言葉」。

レン兄が家族の形にこだわっていた理由を、みことは改めて知るのでした。

寒空の中、縁側に出て酔い覚ましをしている2人。

みことは、やっぱり今すぐ籍を入れようと話しますが、沙羅は左手を出してみことに現実を視るように伝えます。

「みことが現実を見ずに行動して、孤独になってしまうことが私は怖い」

その言葉を聞いたみことは「孤独を怖がるな」と自分に言い聞かせ手を合わせることに…。

4マリ 漫画 原作 3巻 結末 あらすじ ネタバレ

出典元:https://www.cmoa.jp/

 

運命の時へ

母親が帰国してすぐに結婚式を挙げようという話になり、両親が結婚式を挙げた古い教会で挙式をすることが決まります。

2人でドレス選びに向かう途中、みことは過去に救命救急士として救急車の中で出産に立ち合った時の話を沙羅に聞かせます。

残念なことに母親は亡くなってしまうものの、自分がその子の名付け親になったと…。

今まで救えなかった人たちを思い出すみこと。

自分が救命救急士としてやってきたことには必ず意味があるんだと話します。

「人は人の中で永遠に生き続ける」

沙羅は「わたしは永遠に生きられるね」と話しますが、信号待ちで車を止めていた時!トラックが突っ込んできます!!

事故後、気を取り戻したみことですが、隣には血だらけの沙羅の姿が…。

一瞬目を開けた沙羅は「大好き」とみことに伝え、その直後に呼吸が止まってしまいます。

決して死なせない!心肺蘇生を試みるみこと…。

駆けつけた救急隊員と共に、一緒に病院へと向かいますが、沙羅の意識は戻らず昏睡状態が続きます。

予言通りであれば誕生日までの2ヵ月間、沙羅は目を覚まさず最期の時を迎えます。

そして沙羅の27歳の誕生日。

みことはマリーゴールドの花束を持って病院へと向かいます。

病室へと向かう途中、レン兄がみことに慰めの言葉をかけてあげます、沙羅は幸せだったと…。

 

あなたがそばにいてよかった

みことに人の死が視える能力があることを知っているのはレン兄だけ。

つらい表情のまま沙羅の待つ病室へ向かっていると、沙羅の病室から母親が走ってきました。

ついに沙羅の最期が来てしまった…。

そう思っていたみことでしたが、なんと!沙羅は目を覚ましていました。

迅速な応急措置を行ったおかげで沙羅は一命を取り留めたのです。

「あなたがそばにいてよかった」

病院の先生は、心肺蘇生をいち早く始めたおかげで沙羅が助かったことを伝えます。

それから1年後…。

2人は結婚式を挙げることになります。

幸せな2人の笑顔と祝福してくれる家族たち。

みことの『人の死が視える』という特殊能力は消えていたのでした。

おしまい。

 

『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻』は面白いの?実際に読んだ感想

みことの『人の死が視える』という特殊能力は沙羅の命を救うためにあったんですね。

救命救急士として人の命を救えずに葛藤していたみことでしたが、最後の最後で最愛の人の命を救ったのは良い終わり方で感動しました。

1巻のラストではプロポーズしたものの、そんなこと言って大丈夫なのかなぁ~と心配でしたが、最後はきれいに纏まってくれたの良かったです。

もう一度読み返したくなる、といったツイートがあったように、何度でも読み返したいと思える作品でしたね。

 

最後まで読んだ方の感想は?

ナビゲーター

漫画でこれだけ泣けた作品はあまりないですよね。

最後まで読まれた方の多くは『感動』したという意見が目立ちました。

>>>4マリ原作と実写で配役の評価が違う?

 

スポンサードリンク

まとめ

『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)』のあらすじ&ネタバレ「沙羅27歳の誕生日」について紹介してきました。

最後の最後で沙羅と幸せになれて本当に良かったです( ノД`)

そしてドラマではどのように描かれるのか、そちらの方も興味が湧いてきましたね!

沙羅役が菜々緒というのはちょっとイメージできませんが…(;’∀’)

とにかく!『悪女』を封印しナチュラル系ヒロインに挑戦する菜々緒さんの役どころにも注目したいと思います(笑)

以上、『4分間のマリーゴールド漫画原作3巻(結末)』のあらすじ&ネタバレ「沙羅27歳の誕生日」についてお届けしました。

画像出典元:『4分間のマリーゴールド』公式サイト/公式ツイッター/公式インスタグラム

スポンサードリンク